せい☆どく

感想垂れ流し系

うみねこのなく頃に 第05話 「middle game」

東方コスプレは…まぁ…うん…つるぺったんしなかっただけマシかな。
昭和60年前後にメイド喫茶?などと言うのはひぐらしからなので何も言うまいつっこむまい。
そりゃ嘉音もなんだこれって言うさ。


前回がひぐらしで言う鬼隠し編なら今回は綿流し編に当たる部分…なのだが、時系列がぽんぽん前後移動するのでちょっと分かりにくかったかな。
とりあえず今回はジョージと釘、ジェシカとカノンが中心となって話を転がすと思って良いのだろうか。前回は早い段階で退場したからなぁ、釘。
一方エピ1ではそれなりに目立っていたバトラは今回控えめ。ああ、これはあれか圭一現象か。最初は主役張ってたのにどんどん影が薄くなってくと言う。
まぁ魔女を真っ向から全力否定してたのはバトラだけだし圭一ほどアレなことにはならないだろうけど。
しかし実に普通に作中キャラが魔女と会話してるけど本当にこれは魔女を否定する話…で合ってるのかな。えらい気軽に気さくに会ってるんだが。
いやまぁ実は釘と小林ゆうの妄想だ!とか魔女ベアトリーチェと思ってた相手は別の存在だった!とかやろうと思えばいくらでも裏をかけるので現時点での考察に意味はないが。