せい☆どく

感想垂れ流し系

週刊少年ジャンプ 37号

・ワンピース
主人公が影も形も見えませんが無害です。出番なくても十分面白いし。
と言うかこんな万国ビックリショーの中では流石のルフィと言えど埋没しそうな気がしないでもない。
現状七武海レベルとは言え白ヒゲクルーはそれレベルが割とポンポンいそうな感じだしなぁ。少なくとも隊長クラスは。


・ナルト
相変わらずあちこち進入されまくりな世界だなぁ。相手が強いって事を差し引いても警備がザルすぎる。
いっそこの会議の参加者をサスケが皆殺しにでもすればナルトも覚悟完了するだろうか。未だにうじうじ擁護してるのが女々しいったらない。


・ブリーチ
浦原はどんだけ砕蜂に嫌われてるんだろう。ああ夜一さんと繋がりがあるからか、分かります。
しかし封鎖した空間のなかで砕蜂卍解直撃、と言う流れは良いんだがあれダメージそのものを老いさせたとか言われたらどうするんだろう。


銀魂
ああ、また沖田の人気が跳ね上がりそうな結末だったなぁ。人気投票1位でも狙ってるのだろうか。
話自体は割とオーソドックスなのだが長すぎず短すぎず、良い感じにキャラの掘り下げを行ったお手本のような回であった。
しかし神楽普通に足撃ち抜かれたけど次回はピンピンしてるのか、はたまたこれをネタに看病話でもやるのか…。


べるぜバブ
この作品はたまに女キャラが艶かしいから困る。太ももとか。
東条戦はベル坊不在のうちに発展してくらしいけどそうなるとただのマガジン辺りにありそうな不良漫画になるし、何か一味ギミックがあれば良いのだが。


ぬらりひょんの孫
昼は男、夜は女。そんなあまのじゃくさんが素敵です。てっきりお湯を被ると女になるらんま的な存在かと思ったわ。
特訓に関してはとりあえず畏を活用して云々という…なんか憑依合体からオーバーソウル編み出したマンキンみたいになってきたなぁ。
最後いきなり襲われたし実戦で開眼とかそういうのだろうか。


・サイレン
何でも知ってる説明キャラかと思いきや超能力関連や隕石落下前の事情だけでそれ以後の情報は持ってなかったかこの全裸さん。
弥勒の姉ってことでそれなりの立ち位置にはなるんだろうけど少なくとも現状の役に立つかどうかは。
そして雨宮さんの障害フラグが。脳にダメージ残ってそうだし下手すりゃ記憶の欠落が発生するか。


・トリコ
妙に大物ぶってるし気持ち悪さはあるけどあまり魅力的なキャラじゃないのでちゃっちゃと倒してもらいたいところ。
しかしテリーはこのレベルになるとまだまだ足手まといレベルなんだなぁ。今後どこまで成長するやら。


バクマン
結局説得しきれず5作品同時休載決定。問題ない、マガジンではたまによくあること。
まぁジャンプでいきなり上位〜中位組が5作品も抜けたら確かに大問題そうではある。編集長の首が飛ぶレベルだと思うが。
解決策としては編集長が折れるかサイコーが「自分のために読者や他の漫画家を困らせることはしたくない」と卒業を待つことか…どっちもありえなさそうではあるが。


めだかボックス
喜界島さん家のもがなちゃんがまた性格変わってる気はするもののイイ感じにあざとくて満足。何時の間に水着着用キャラに。
ただ新キャラは微妙だしめだかの発言は無理があるしで話自体は微妙か。結局ルールなんて守らなくて良い的な事言ってるだけだし。
人がルールを守るんじゃなくてルールが人を守ると言うのは分かるが、服装の乱れはなんとやらと言う言葉もあるんだし大人しく従わなきゃ嘘だろう。


・とらぶる
触手は大好物であります!
とりあえずもうモモナナ選んでおけば良いと思うよ、リトは。