せい☆どく

感想垂れ流し系

蒼天航路 第19話 「猿と龍」

絶影って白い方じゃなかったっけ。


改変と改悪の違いは何かと言われれば諸説あるものの「原作者の意向とはまったく違うものを描く」ことにあると考える。
そういう意味では今回は本当に改悪極まりなかったなぁ…最後まで曹操がぼーっとしっぱなしだったってのが解せん。
一息ついてからはっと気づくより暇つぶし的に相手の罠に踊っていたら取り返しがつかなくなった自分の咎を逃走中に責めるのが良かったのに。
鄒氏を斬られた時に激昂したり曹昴の死が自分の責任だと泣く場面がないと曹操人間性が出てこないんだがなぁ。
そもそも曹昂ではなく子脩と呼ぶべきなのではないかと。細かい事ではあるが。
カットするなら袁術を丸々カットしてでも他のところに力を入れるべきであったろうに実に勿体無い。


次回は楽進出るかな。