せい☆どく

感想垂れ流し系

銀魂 第170話 「そして伝説へ」

ギャグっぽく始まってシリアスに戦い終わりはちょっと良い話。
いつもの良い銀魂であった。


そんなわけでたまクエスト最終回。
基本的にはラスボス戦という事で戦い通しだったのだが下ネタも忘れず入れるあたりが素敵。ドットのナニとかどうなってるんだ。
と言うかもうピー音すら入れないのか局部名。以前はもうちょっと自重していた気もするけど最近ほんとやりたい放題だなぁ。
やはりこの作品の最後はどこぞの団体の圧力で潰されてしまうのがオチか…原作やる限り続けて欲しいもんだが。
しかし杉田は見た目完全に同じで微妙な違いの銀さんと白血球王を良い感じに演じ分けてたなぁ。ちょっと前まで何でもかんでも全部キョンに聞こえるとか悪いことを言った。
まぁあの台詞って良く聞けば全部銀さんの自画自賛に聞こえないこともないのだがその辺は突っ込むだけヤボと言うものか。
それにしてもEDの文字がドットになってたのも驚いたがCパートのBGMがあまりにもDQのオープニングそのまんますぎて吹いた。
確かに良い曲だけども。反則すぎるわ。


次回はアニメオリジナルか…ちょっと不安だが桂の出る回に外れなしなので期待はしておこう。