せい☆どく

感想垂れ流し系

鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第20話 「墓前の父」

スリードがある、と分かっててこの辺を見ると何も知らないまま見てた頃より色々意味深い部分が多い。


最近ちょっと目立たなかった主人公組が決意新たにする話。
色々怪しい行動の多いトーサンだけど練成したものは本当に母親だったのか、という言葉がなかったら今回の結論に達しなかったろうしなぁ。
母や子を2度殺すようなことがなくて良かった、アルの身体をもう一度呼び戻すこともできそうだ…と2クール終了間際になって新たなる目標が出来たのは喜ばしい限り。
やもすれば「自分の一部や弟の身体全てを失ってやった事が徒労だった」となりそうなものを妙に前向きなのはさすが主人公補正と言うべきか。
普通ならあんなことしなければとなりそうなものだけど…まぁそういう後悔は既に最初の失敗でしているか。同じ傷口でも深いよりは浅い方が良いと。
次回からホムンクルスに対しての反攻作戦だったかな。その前にスカー戦があったような。この辺記憶が曖昧で困る、その分新鮮な気持ちで楽しめるけど。


しかし次回はまた作画が良さそうな。最近作画面に力が入ってて良い按配だ。