せい☆どく

感想垂れ流し系

Angel Beats! 第01話 「Departure」

出来るだけオブラートに包んで柔らかく感想を述べるとしたら…。
ゲームでやりたかった。


そんなわけで放送前からやたら宣伝が大掛かりだったこの作品、実際蓋を開けてみれば…少し肩透かしな出来であった。
キャラの行動、発言、リアクションの全てがどうもアニメ向きでないと言うか文章で表現する類のものだよなぁという印象。
世の中には映像化するより文章のままで見た方が面白い表現やギャグというものがあるのだと再確認できた。文字で読むのと耳で聞くのはまた別、みたいな。
あとこれが何より重要なのだがキャラのデザインがイマイチすぎる。特に色使い。
作画自体は良く動いてるし問題はないんだろうけど、いかんせん動かす元となる絵がどうにもバタくさい。色がべちゃっとしてる感じ。
Na-ga絵はもうちょっと薄い感じだと記憶するのだが何がどうなってああなったのだろう勿体無い。
肝心の話の方はどうやら死後の世界と言うより電脳世界っぽい?まだ作中でそうと言われたわけではないのだが。
まぁ死後の世界云々と言われるよりはまだ電脳戦隊モモンガーと言われる方が納得できる…かな?
しかしいくら主人公が記憶喪失だからってもうちょっとこの状況に対してのツッコミが欲しかったところ。
にっちもいかない状態、かつ思い出すまでの時間稼ぎとは言えさすがに順応が早すぎる。1話くらいはどちらにもつかず右往左往して世界観説明してた方が良かったような。
バンドシーンや銃撃シーンはなかなかハデではあったけど1シーンごとが良くても全体がアレだったらどうしようもなく。
とは言えまだ1話だし今後に期待するということで評価は保留。保留と言っても既に決まったことを右に置いておくって意味での保留だけど。
最初の印象をがらっと変えるような作品になってくれると良いのだが。