せい☆どく

感想垂れ流し系

週刊少年マガジン 19号

だから休載多すぎだと。


ダイヤのA
着々と負けフラグが積み重なっていってる気がする。
最低でも同点にまで追い込まれそうなんだがさすがに延長になると負けるだろうなぁ。


CODE:BREAKER
今回もギャグ回。なんだか実にノリノリであるというか方向性見失ってる気がしないでもないが。
まぁ楽しそうなことは良いことだ。殺伐とするよりこっちのが似合ってるかもしらん。
しかし透明状態になるロストとはそれはそれで能力っぽいなぁ。完全じゃなくて半透明ってのがアレだが。


ベイビーステップ
テニスってあまりしないから分からないけど基本サーブ打つ側が圧倒的有利なんだなぁと今更。
何の邪魔もなく全力で叩き込めるし返す側はそれを打ち返すだけだからそりゃそうなのかもしれないけど。
それでもエーちゃんのサーブが全国ベスト8相手に通用するのを見ると感慨深いものが。


エデンの檻
矢頼さんマジ主役。ここまで安心できるキャラもそうはいないなぁ。
見るからにツンデレなお嬢様は多分告白したらフラれたとかその程度だろうからさして重要ではなさそう。
なんだただのお色気キャラか。


・花形
キャプテンここで出たら完全再起不能になるんじゃないだろうか。
しかしここまで追い込まれても「まぁ勝つんでしょ?」と思えるのは良いのか悪いのか。
YHS。


・はじめの一歩
うーん、あの蚊も殺せないようなパンチを積み重ねと言い切るのか…。
あれならまだ気功を打ち込んだのじゃと爺がトチ狂ったこと言い出す方が説得力あるような。
天才モンキーの顔も歪んできたしこれで決着かな。本当に微妙な試合だった。


ネギま
またもや修行編。この作品もなんやかんやと修行するパターンが多いなぁ。ブリーチばりに1戦するたびに1修行、あるいは1覚醒してる気がする。
まぁ久々にエヴァが登場したので些細な問題だが。


・我間乱
弟はただ兄を乗り越えたくて挑んできただけだったのか。よくあんな状況でここまで真っ直ぐ育って。
まぁ真っ直ぐ育った人間が殺し合いに参加するのかという話は横に置いておくとして。
そして最初の対戦相手は…これまた負けるのが仕事ですと言わんばかりの顔のキャラだ。この顔は負けキャラだ、食べられないよ。


・むろみさん
乙姫様可愛いよ乙姫様。これは良い眼鏡キャラだ。
後何か胸が大きいし。乙π姫様と呼ぼうか。


スマッシュ!
次回最終回に向けて駆け足展開だったせいか「勝った!第三部完!」みたいな爽快感が若干薄いのが残念。
まぁ抑えるべきところは抑えたしベストではないがベターな内容ではあったけど。
あとは最終回どれだけ女っ気があることやら。