せい☆どく

感想垂れ流し系

劇場版 魔法少女まどか☆マギカ[新編]叛逆の物語

ネタバレ注意。


いやー本当に見て良かったと思う内容であった。
劇場版ってTV版より頭身伸びたのだろうか?かなり好みのデザインになっててありがたい。
おかげで杏子がえらいデカく見えたけど設定的にも本来あれくらいあるんだっけか。どうもチビキャラって印象があるのだが。
内容的には完全にTV版を否定する話になってるので賛否両論間違いないのだが個人的にはまさに「TV版を塗り替えるほどの内容」だったので満足。
これほど綺麗に終わった作品の続編をやるならそれくらい割りきってやらないと。いや予想以上の塗り替えっぷりであった、文字通り宇宙が塗り替えられたし。
ほむら的には「まどかの本音はあんなことしたくなかったし!本人もそう言ってるし!」ってことで嬉々としてやったんだろうけど正直余計なお世話すぎる。
まどかが最終的にあの選択を選んだのはほむらが何度もループして自分を助けてくれた事を知った上なんだしなんでもない時に皆と別れたらどうするなんて聞くのは事情が違うわけで。
そもそも「神様になる前のまどか」の言葉を聞いて「神様になった後のまどか」の言葉を聞かないのはなんというか支離滅裂ではある。
最初は辛い選択だったかもしれないけどなんだかんだで楽しそうにしてましたよこの神様。
他の魔法少女と違ってほむらの送迎だけなんかやたら豪華にしてたし。カバン持ち2人連れて愉快にパレードしてきてたし。
流石にほむらも都合の良いことをしているという自覚はあるのか多少捨て鉢と言うかやけっぱちになってる部分があるので何もしなくてもすぐに壊れそうな世界ではある。すぐ覚醒しそうになってるしまどか。
と言うか魔獣世界になって割とすぐほむらが魔女化する事はややショックではある。まさか最終回で何の気無しQBに話した事がここまで大事になるとは。
分かり合うことはできなくても魔女がいない以上平和的に妥協出来ると思ったらこのザマよ!ほむらの言葉だけで円環の理システムに手を出そうなんてよほど魔獣は不味かったのか。
まぁその報いは見てる側がドン引きするくらいの扱いで相殺されてはいるのだが。あそこまでボロ雑巾なQBを見ることになるとは。
うっかりほむ原子炉に触ったばかりにほむメルトダウンしちゃったよとか冗談にもならん結末だ。
しかし今回一番衝撃的だったのは浄化されても成仏するわけではなくまど神様のカバン持ちみたいに働かされてるさやか達の存在だろうか。
てっきり思い残すことなく成仏したのかとおもいきや普通にまど界にいて雑用っぽいことしてるらしいし。何そのサーヴァントシステムのような。
オクタヴィアもすっかりスタンド扱いになってたしある意味TV版から一番変わった存在だろうかさやかは。いや割と第二の人生歩んでて楽しそうには見えたが。
ある意味第三の人生である改変世界は同僚がただの幼女になったしスタンドは消されたしそもそも円環の理から切り離されて記憶も薄れそうだしどうなるさや母ちゃん。
序盤の魔法少女戦隊に関してはスタイリッシュ変身にスタイリッシュ戦闘、そしてスタイリッシュマジカルバナナと笑いをこらえるのが必死だった。
ピュエラ・マギ・ホーリークインテット!とかマミさん絶好調すぎる…確かにあんな長い変身バンクは劇場版規模でもないと長せないよなぁ。踊って踊って決めポーズとか1人当たりどれだけ尺を使ったのか。
マジカルバナナはなんだろう、凄く可愛いんだけど正視しづらかったと言うか周りが吹き出したら自分も確実に吹き出していただろうなと。ちーがーう、とか本当に可愛いかったけど。
カップリング的には今回実に濃厚なさや杏分が堪能できたので何より。杏さやではなくさや杏というのがディ・モールトベネ。同棲してるしな!
夢の世界ではキャッキャウフフ、戦闘シーンでも熟練のコンビネーションを見せて最終的に恋人繋ぎすらやってくれるとは。
さやか的には完全にカミジョーとか言うバイオリンキチを吹っ切ってるし杏子の事が心残りだったとか言うし何と言うキマシ…。
他にも本編では薄かったほむ杏を割と長い時間描いてくれたのは良かったかな。マミさん分が少なかったけどそもそもほむらはマミさん苦手らしいし。
その代わりと言ってはなんだけどスタイリッシュガンカタバトルをこれでもかと魅せてくれたのは本当に良かった。絶好調マミさんほんとパないな。
そのくせちょっとしたことですぐ曇る辺りどっちにしても手が負えない。何度でもやり直さざる得なかったほむらからすれば苦手にもなるか。
ほむらが魔女化してからの魔法少女4人+ベベの戦闘シーンはまさに最終決戦と言ったテンションで実に盛り上がった。
盛り上がっただけにまさかまど神が出てきてからの「この瞬間を待っていた!」な展開は予想外すぎてなんと言うか。
物語的には完全にバッドエンド…表面上は誰も不幸になってないしビターエンドやトゥルーエンドでも良いけど果たして今後どうするんだろうこれ。
続編が作られても良いしここで終わっても良いような内容だがさすがにここで終わられたらモヤモヤが残るってレベルじゃないしなぁ。
今のところ魔法少女の中で1度も死んでないのはループしてるほむらだけだし何らかの続編があるなら確実に死ぬか浄化しそうではある。
さすがに肉体年齢と精神年齢も剥離が激しくなってきたろうし。年取ってからの同性愛は後戻りできないって本当だったんだな…。



そう言えば映画始まる前のマナー説明で忍野扇が出てきたことは本当にサプライズだった。
それだけはなんのネタバレもなかったので普通にびっくりしたわ。確かに声はマミさんだけど。