せい☆どく

感想垂れ流し系

週刊少年チャンピオン 06号

・バキ
さすが独歩と違って烈さんは格が違った。義足を潰されながらも武蔵に蹴りをクリーンヒットさせるし素手同士なら案外良い勝負できるのではなかろうか。
まぁ守護キャラさんが言う通り武蔵に刀持たせたら烈さんと言えどひとたまりもないんだろうけど。だからマシンガン持たせろはどうかと思うけど。
そもそも守護キャラさん自分で戦わないのだろうか。守護る守護る言ってるくせにやってることはただのアドバイザーとは…。


弱虫ペダル
まだ新入りの1年、2年より弱いのが分かりきってる3年と違って鳴子・今泉ペアの頼もしさときたら。
1年前はただ先輩に言われるがまま走ってただけのルーキーが1年経ってすっかり成長したものだと。まさに青学の柱…もとい総北の柱。
クロネコ宅急便だかなんだか知らないけど前回いなかった補欠上がりに負けちゃ名が廃るのでここは圧勝してもらいたいところ。


・実は私は
新キャラを無駄に増やさかなかったのは英断かもしれないけど何が悲しくてヒロインの父親の女体化を見せられなきゃならんのかと。
ギャグは相変わらずキレッキレなのだがここまで身内が揃うと迂闊にラブコメることもできそうにないのが辛い。
やはりここでくっつけるのは早計だったのでは…。


・黒虎
うーむ、まさかセンターCまで貰える立場になるとは。一時の不調が本当に嘘のように面白い。
何が原因かと言えば今回もヒロイン度を荒稼ぎしまくってた祈殿のおかげなのだろうけど。これが正妻力か。
主人公もようやくヘタレから脱却しそうだし俄然盛り上がってきたなと。


・鮫島
飛天翔引退で鯉太郎がその思いを引き継ぐ…って流れのあとに鯉太郎が相撲人生を終えるまであと14試合とか無慈悲にも程がある…。
展開は爽やかに終わったしドロドロしてるわけでも鬱展開ってわけでもないのだがなんだろうこの真綿で絞め殺されるような気分。
着実に終焉に向かっている感が強すぎて見続けるのがやや怖い。


・リク
逆に考えるんだジョジョ、ミサイルが誘導してくるなら誘導する機械を壊せば良いじゃないと。
そんなジョースター卿の教えを守った田中さんが見事最後の難問をクリア。残り4秒までミサイルが迫ってきてるなら誘導が切れてもヘリに追いつける気はするけど深くは考えまい。
ともあれこれで完全に脱出は成功したようなものだし後はレノマの安否次第か。


ハリガネサービス
もうちょっと初期にそれっぽい伏線を出しておけばまだしもいきなり主人公の昔馴染みでトラウマ持ちとか唐突感否めない新キャラだなぁ。
まぁ天然そうに見えて主人公が近づくとイライラするんだよ…!と言わんばかりの逆上っぷりはよほど根深い因縁が見られそうではあるが。


・イカ娘
口笛はなぜ遠くまで聞こえるの。あの雲はなぜ私を待ってるの。教えておじいさん。
珍しくオチまで話の筋道が通ったネタ話じゃなイカ。まぁ口は若干手抜き気味ではあったけど。


・兄妹
18禁展開に突入かと思いきや人を殺して見たかったとかこの犯人には心底がっかりだよ!