せい☆どく

感想垂れ流し系

マクロスΔ 第24話 「絶命 ジャッジメント」

ひろしがひろしじゃなくなった。


うーむ…本当に終盤なのかと確認したくなるほど感動の薄い展開が続くなぁ。
捕虜になって殿下と多少言葉を交わすも既に相手は覚悟完了してるので関係や状況が改善されることなく脱出は自力でなんとかなりましたと。
青森県民との言い合いもこれで何度目だってレベルなのだが毎回同じような会話ばかりでいい加減飽きたと言うか。
有り体に言えば何の意味があったんだろうこの裁判みたいな。言葉が通じても相互理解のその字にも届いてない現状じゃまだ言葉の通じないバジュラとドンパチやってる方がよほど面白いわけで。
話が動いたとすればワルキューレの1人が瀕死になったのと美雲さんが眼鏡の呪文で悪堕ちしたくらいか。
ぶっちゃけ黒幕眼鏡と美雲さん倒したとしてもこの戦争が終わるとは思えないんだけどあと2話でどう収集つけるつもりなのだろう。
全て破壊して戦争なんてする余裕がなくなるのか分割2期でもあるのか…。