せい☆どく

感想垂れ流し系

週刊少年サンデー 42号

魔王城でおやすみ
まさかの巻頭カラー。本当に人気あるんだなぁ、良いことではある。
本編の方は相変わらず睡眠ネタのみで話を広げる蛮勇っぷり。睡眠だけでそこまで話が作れるものだと。
今回もアロマテラピー?だし駄菓子より話を広げにくそうなのによくやる。


・MAJOR2
変化球扱いされた上に他の手段では打たれ放題。やはりここは卜部が出るしか…と言うのも何度目だろう。
さすがに他に手もなさそうだしそろそろ交代して良い頃合だと思うのだが。
あと眉村弟は発言が段々小物くさくなってきて困る。姉は未だに株下げてないのに。


銀の匙
御影合格。八軒告白。パパ脅迫。
告白聞く前に電話奪われたんじゃなくて返事する前に奪われたってことで良いんだろうか。
さすがに告白すらパパに聞かれたのでは八軒が報われなさ過ぎる…あとついでに友人Aも落ちてたけどまぁ些細なことだろう。
御影パパだけでなく八軒パパまで襲来してきたけどこれはビジネスの話だろうか。


・マギ
読者がシンドバッドおじさんに思っていたことをありったけ伝えてくれて溜飲下がったと思ったらそれでもアルバの言う事を聞くおじさん。ダメだこりゃ。
お前なんかせいぜい一国の王レベルでしかないんだ神になりたいとか未来永劫救いたいとか何様だとあれだけ面と向かって言われてもこれだからなぁ。


・コナン
重要人物同士が過去に既に会っていました展開はありがちながらもやはりワクワクするもので。


・天使とアクト
この作者が子供に見える年増が好きなのか、声優業界はそういう実年齢に反した若作りが多いのか…。
新キャラは口は悪いけど実力も作品に対する意識もちゃんとありそうだし分かり合えれば良い味方になってくれるかな。


・だがしかし
あらやだこのコンビニ店長あざと可愛い…おっさんだけど。
単に駄菓子屋潰す的なウザキャラではなくこう言う憎めない系で描いてくるとは予想外。実際あんな経営じゃコンビニと言えどすぐ潰れそうだし。
もうほたるさんいらないかな。


天野めぐみ
太ったのではなくまた胸が成長しただけでは…。
ムチムチは良いものだ。


・柊様
うわぁ何かファンタジー方向に振り切れてきたぞ。
この作者割とそう言う作品多いから今更ではあるけどいきなり吸血鬼はやはり戸惑うというか。


ムシブギョー
誰にも求め敬われない存在は神にあらず、自身の神はただ己の内にあると。
あまり存在感のなかった明石だけど最後の最後に随分格好良いとこ見せて散っていったなぁ。これは燃える。
ここまでしてくれた以上月島もやることやらねば。


サイケまたしても
催眠能力かと思ったら本当にただのマニ車とは。
と言うかあの調子だと再登場もなさそうだなぁゲルになる能力者。
そして完全治癒の持ち主は案の定子供であったと。ついでにロリ。


初恋ゾンビ
ここ最近江火野プッシュが激しいけど傍から見て滑り台確定キャラだけになんと言ったものか…。
この子も嫌いではないのだが指宿君がわちゃわちゃする方が見てて楽しいし早めに切り上げてくれると良いかなーと。


・なのは洋菓子店
話が進んでいるのかいないのか。いや進んではいるんだろうけど肝心の方向性が明後日の方向と言うか。
一読者としてはこの作者の描く可愛い女の子を見たいのであって兄弟の確執とか割とどうでも良いのだが。
割とって言うか心底。


暁の暴君
おお…最後の最後まで暁をただの戦闘バカとして描き切るとは。
柔道界を変える信念とか父親との確執とかライバルとの因縁とか復讐とかそんなものは関係なくただ楽しみたいからでここまで突っ走られてはぐうの音も出ない。
打ち切りなので色んな伏線投げっぱなしましたと言われれば納得しそうになるけどこれはこれで綺麗に終わった方ではないかなと。実際は作者のみぞ知るセカイで。