せい☆どく

感想垂れ流し系

この美術部には問題がある! 第12話 「これからさきも」

今期No1チョロイン。


良い俺達のラブコメはこれからだENDであった。
と言うわけで特に大々的な何かがあったわけでもなくしめやかに終わってしまったわけですが。
原作が続いてる以上ここでくっつける事は出来ないんだろうけどもうちょっと報われても良かった気がしないでもない宇佐美さん。
まぁ最後の最後に美少女オーラ爆発させて多少なりとも内巻君に意識させることが出来た…のかもしれない…と思う…のは報われたと言えなくもなし。
ぶっちゃけ相合傘と名前呼び(未遂)だけでも本人的には十分幸せだったろうし。低燃費な子だ。
1クール掛けてそれだけかいと思わなくもないのだが二次元に傾向してる朴念仁と肉食獣の心を持つ草食獣ガールではこんなものかなと。
あとこの2人を掘り下げるために今回他のサブキャラがほとんど添え物のようになってたのは良い判断だったかと。
さりとて出番がまったくないわけではなく、むしろ個々が宇佐美さんのためにナイスアシストしてくれたくらいだし。あの部長ですら。
正直作品が終わることより部長が近いうちに卒業する話の方がしんみりしてしまったのは秘密。そうなると本当にこの部活潰れそうだ。


総括。
正直1話はそこまで期待していなかったのだが回を追うごとに宇佐美さんの魅力がバーストリンクして尻上がり的に楽しめるようになったこの作品。
このメインヒロイン(=主人公)の可愛さで一点突破する作品前にもあったなーと思ったけどそうだ月刊少女野崎くんだ。千代ちゃんと声同じだし宇佐美さん。
いやまぁ野崎くんは内巻君と違って分かりやすい魅力のある男キャラだったけど。正直この作品での内巻君は舞台装置以上の存在意義をあまり感じなかったし。
宇佐美さんが惚れた相手として存在するだけであってそれが誰でもあまり変わらなかったかなーみたいな。嫌いなわけではないんだけどあまり興味の沸かないキャラだった。
そう言う意味では伊万莉さんもあまり興味が沸かないサブヒロインではあったかな。見た目も声も属性も1つ1つは悪くないのに全部足すとなんか食合せの悪い食べ物が出てきた感じだったし。
部長とコレットさんは問題なく楽しめました。トリックスターとして。