読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ラブライブ!The School Idol Movie

ミュージカル成分マシマシ。


実は映画見てなかったので今回初めて視聴したわけだけど…現実でのμ's解散、そしてサンシャイン放送後の今だからこそ分かることがチラホラあるなぁと。
自分は後から見ただけだし何とでも言えるけど多分劇場当時と今改めて見た人の中ではかなり受け取る印象が違っていることは想像に難くない。
それくらいこの映画の内容は色々気を使って、と言うか一球入魂のようなストーリーだったなぁと。
そもそも映画自体2期で終わらせないまま引っ張った延長戦みたいなものだし色々意味深いものはあるんだろう現実とリンクさせるようにきっちりゴールさせたことは評価したいところ。
だからこそサンシャインでμ'sの名前を必要以上に使ったことは良かれ悪かれではあるのだが。自分も当時言ったけどμ'sからの脱却と言うテーマそのものがμ'sあってこそのテーマでもあるし。
あとこれだけμ'sが盛り上げて後輩に繋げたはずの音ノ木坂がラブライブとして有名でもなくそもそもμ'sの存在すら知らない生徒まで出たのはどういう事情があったんだろうサンシャインの世界線…。
まぁそれはさておき、μ'sの見せ方としては及第点な内容の映画だったけどやりたいことを詰め込みすぎたせいかやたら駆け足で忙しなかった印象だったのは致し方ないか。
もうちょっとNYに滞在するのかと思ったら渡米観光観光ライブ即帰国で有名人!は本当に詰め込みすぎっぷりを感じたし。テーマとしては帰国後の方がメインだからしょうがないけど。
その辺は密度が高いからこそダレる事なくノンストップで最後まで走り抜けたと好意的解釈。
ただ個人的にミュージカル形式は気恥ずかしいと思うタイプなので映画でのミュージカル多用は若干の居心地の悪さを感じないでもなかったです。出来として良いのは分かるんだけどどうしてもこう!
高山みなみの存在に関しては既にアレコレ言われてるだろうし特に言及は無しで。アイドル力が極まれば未来人だろうがイマジナリーフレンドだろうが生み出すのは稀によくある話だし。