せい☆どく

感想垂れ流し系

魔法つかいプリキュア! 第47話 「それぞれの願い!明日はどっちだー?」

あしたのジョーのOPを思い出した。


決戦前に今までの出来事を振り返るように日常を送っていたら何の前触れもなくベニーギョさんと愉快な敵幹部達が登場。
今まで顔も出さなかった残りの幹部を全て吸収して巨大化する辺り敗北フラグがビンビンに立っていたのだが実際1話も保たずにやられたのは情けないやら何やら。
まぁ完全に虹の彼方へ飛ばされず生き残っただけでも大したものだしラスボス前の前哨戦ならこんなものかな。残りの尺もないしサクサク片付けないと。
と言うか肝心のラスボスが今までのプリキュアシリーズに比べても禍々しいと言うかおどろおどろしいと言うか。出る作品間違えてませんかデウスマスト様。
話が通じる雰囲気がない辺りさすが宇宙から来た邪悪って感じで貫禄あるなぁ…と思っていたらなぜか2つの世界が1つになって次回へ続くと。
てっきり2つの世界がくっつくとしても全て解決した最終回あたりかと思っていたのだがこれが敵の狙いならやはり最終的に2つの世界は交わってはいけない扱いになってしまうのだろうか。
今までも好き勝手に行き来してきてるし今更と言えば今更な気がするのだがその辺どう折り合いをつけるのやら。


次回のプリキュアの予告が流れてたけど第一印象はやはりおジャ魔女すぎる…。