せい☆どく

感想垂れ流し系

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第48話 「約束」

当然の結果です。


今まであまり成長が見られなかったオルガが最後の最後に原点回帰したと思ったらヒットマンにズドン。
このアニメ何か話を動かす時は大抵ヒットマン自爆テロばかりな気がするなぁ…いやなるべくしてなった状況が多いんだけどそれにしたってもう少しこう手心と言うか。
前も言ったけど視聴者に鬱憤ばかり溜めさせてカタルシスをどうこうしようとしないのが本当に意味不明すぎる。あまり好きな言葉ではないんだけど人を殺せば感動的なのかと。
1度や2度ならともかくこのアニメそういうのが多すぎてなぁ。死ぬべき敵は死なないのに味方ばかりボロボロ殺して悲劇ぶられても冷めると言うか。
とは言えオルガが死ぬこと自体は正直既定路線と言うか来るべきものが来ただけと言う感じなので無常観はあってもショック自体はあまりないかな。
既にオルガの生き死にの興味がなくなったから…と言うのは流石に可哀想か。まぁ似たようなものではあるのだが。
1期の頃に感じた何かしてくれる感やカリスマ性はすっかり鳴りを潜めて中間管理職じみたキャラになっていたのでこれ以上醜態を晒す前に退場出来たのはある意味救いではなかろうか。
何しろ絶賛醜態晒し中のマッキーがこの期に及んであの平然とした態度なのがなんと言うか。鉄華団はもうちょっと骨のある対応をすると思っただのミカをスカウトだの状況が見えてないのかこの男は。
未だにラスタル倒せば世界は全て自分の思う通りに事が進むと思ってるならとんだ勘違い野郎も良いとこではある。やはりオルガ最大の失敗はこいつと手を組んでしまったことか…。