せい☆どく

感想垂れ流し系

ガヴリールドロップアウト 第12話 「ガヴリールドロップアウト」

最終回でサブタイが作品名になるアニメは名作。


と言うわけで実にこの作品らしいゆるっとした良い最終回であった。
基本日常路線だしどんな終わりにするのか、前回の引き的に感動路線やシリアスもありか…と思ったけど全くそんな感じにならなかったのは何より。
まぁ多分本気で天界に強制連行、二度と地上の地を踏めないように監禁されてたらそうなってたかもしれないけど姉もそこまで鬼ではなかったようで。
いや実際そうなりかけてたんだけど偽りの友情パワーにコロっと騙されたおかげで事なきを得たと。やっぱすげえぜ…火事場のクソ力!
まぁ状況的に見れば正義が屈して悪が栄えてるような状況なのだがこれで良いのか最終回。結局学校にも行かずネトゲ三昧とドロップアウトっぷりが加速しただけだし。
そもそもこの地上への研修ってどれくらいの期間なんだろうか。学校卒業するまでだとしてもなんだかんだ理由つけて地上に居座りそうな気がする。
しかし冒頭意味ありげに犬を見つめていたのは慈愛的行動ではなく単にビビっていただけだったのかお姉ちゃん。
沢城みゆきボイスであんな可愛い演技がまだ見られるとは思わなかった。沢城みゆきボイスであんな可愛い演技がまだ見られるとは思わなかった!


総括。
安心安定の動画工房産日常アニメ。
最近だと三者三葉作ってたけどそれに勝るとも劣らない良い日常アニメっぷりであった…ってこれは1話でも言ってるか。
いやまぁ1話での感想が最終回まで続くことがどれだけ貴重なことか。それだけ安定して面白かったってことだし実際話も作画も高水準のままだったし。
日常アニメってなんやかんや中盤ダレ気味になることが多いんだけどこの作品はボケやギャグ多めだったのが功を奏したのだろうか。主に被害者はサターニャだったけど。
若干イジメ疑惑ありそうな描写がチラホラあったしそこの采配を間違えると一気に不快アニメになりそうだったのを上手いことバランス取ったのはさすがだなと。
天使より悪魔だけ映しておけば良いんじゃない?と思った事もあったけど最終的には4人揃ってこそだなと考えを改めた良いアニメであった。