せい☆どく

感想垂れ流し系

弱虫ペダル NEW GENERATION 第12話 「トラブル!」

この頃のワカメ先輩は頼もしかったのになぁ…。


もはやIH予選に敵はない状態なのか終始舐めプのまま予選通過と。
コース1周分のハンデを与えるわボトルを後続に渡してあとから取りに行く(=1周追いつく)宣言するわとハタから聞いてりゃ何だこいつ状態だなぁ手嶋先輩。
でも当時はこれが頼れるキャプテンだと思ってたし実際3年が抜けた穴を埋められるいつ座だと思ってたのだが…。
まさかこれ以降特に策士っぽいことも知略を編むこともなくただ凡人レベルの才能を絞り上げるだけのキャラになってしまうとは。
決して恵まれた才能を持っていなくても頭脳プレイとコンビネーションで勝ち上がるタイプだと思ってたんだがなぁ。どこで道を踏み外したのか。
どこで道を、と言うならイキリも同様ではあるか。当初は世界の広さが見えてなかったとは言えちゃんと自分の頭で判断する野生の嗅覚を持つようなルーキーだったのに。
いつの間にやらバカ度が上がって周囲の足を引っ張るだけの存在に。いやまだ1年だし足を引っ張るのは良いんだけど肝心の言動がなー。
面倒な上と下に挟まれる小野田達2年が色々不憫と言うか何と言うか。