せい☆どく

感想垂れ流し系

ひなこのーと 第06話 「めいどとおばけとゆめのぶたい」

鳥カンペしといて通しで出来た!って言われても反応に困る。


前回1クールずっと文化祭の練習を引っ張るのかなーとか言ってたら今回あっさり文化祭が始まったでござるの巻。
本格的に練習しだしたの前回からなのに随分と一足飛びな…まぁずっと練習風景見てても仕方ないし話が早いのは助かるけど。
その代わりと言うわけでもないんだろうけどクラスの出し物関係についてノータッチなのは部活動していたら致し方なしか。
いやまぁ流石に自分とこのクラスが何するか分からないのは興味なさすぎだろうと思うけど。部活やってると交友関係も偏るよね…みたいな。
肝心の演劇パートについてはツンデレちゃんが痛恨のミスをする以外はさして問題もなく粛々と終了と。
ミスに関しても直前まで台詞を忘れてたとは思えない主人公のファインプレーで事なきを得たしつい最近まで人前で案山子になってたとは思えないくらい成長したなぁ。
次回以降は部活ではなく個人の劇団として舞台を作っていく流れだろうか。
部活動と違って人数が多いわけでもなく予算もない状態でどう作品を作っていくのか…みたいな真面目な内容になるかどうか。