せい☆どく

感想垂れ流し系

週刊少年チャンピオン 25号

・鮫島
なかなかクレバーな立ち回りで百雲に対抗する常松。
元から頭脳派な一面はあったけど横綱手前の相手に対してなかなか良い取り組みができてるんじゃないだろうか。
まぁ父親のネガティブデバフが発動したのか最後には捕まってしまったし多分試合自体は負けるんだろうけど。
負ける寸前で父親の応援があれば今回の話としては上々かな。


弱虫ペダル
結局無口先輩がワカメを最後まで押して勝ちましたとさ。なにこれ。
どれだけお荷物オブお荷物なんだこの増えるワカメは…あまりにも情けない勝ち方にビックリした。
協力でもチームワークでもない完全に一方的なおんぶ抱っこすぎてちょっと擁護のしようもないなぁ。
作者ですらワカメの勝ち方を思いつかなかったと言われたら信じるレベル。


・バキ
なぜ今更花山のこんな話を…。
ここから長い長い花山編になる前触れだろうか。


・BEASTER
「あの方」とかいつの間にそこまでルイ先輩を心酔してたんだろうレゴ氏。
それはそれとしてきっちりウサビッチに告白しようとする辺りレゴ氏もマイペースすぎる。と言うか隠さずさっさと暴露しようとする辺りはやはり女性作家特有のアレなんだろうか。
フラれるのは分かってるけど言うだけ言ってスッキリしようと。言われる方はたまったもんじゃないだろうけど。


ハリガネサービス
あれ、漆和紙が手加減しなきゃこの練習試合勝ててたんじゃ…。
絶対王者の割に下っ端犠牲にしてコスい勝ち方ばかりしてるし駿天堂の株が決勝前からドンドン下がってるなぁ。
あと朧は相変わらず人外性能すぎる。


・吸血鬼すぐ死ぬ
のっけから巨大な尻とか絵面が酷すぎる…。
普段おちゃらけてるけど基本優秀なハンターが揃いも揃って歯が立たない辺り割と本当に脅威ではあったんだろうけど。
そして相変わらずファンサービス旺盛なマリアさん、脱衣に躊躇がない。


・リク
レノマ・沢田と合流していざフルメンバーで出口に突貫…するも敵も重武装でお出迎えと。
既に脱獄がバレている以上そりゃ出入り口を固めるのは当然なわけで。ガトリング砲1門だけでなんとかなる数では無さそうだけどどうするのだろう田中さん。
さすがに想定内だとは思うのだが。


・入間くん
あらやだほんとチョロインだわこの生徒会長。
完全に人間バレしてしまったようだけど恋愛漫画読ませるためにしばらく秘密にしてくれるっぽいし立ち位置的に正ヒロインオーラ出てるなぁ。
主人公が正体バレていることに気付かないのは幸か不幸か。


・あつまれ!ふしぎ研究部
ヒロインレースからはみ出っぱなしだった鈴が一気に主力候補に。
将を射んと欲すれば先ず馬を射よ、ではないけど妹と仲良くなったのがここで効いてくるとは…。
義妹欲しいから大祐と付き合っても良いと思える程度には憎からず思ってるようだし思わぬ伏兵であった。


・猫神じゃらし!
続いてたのかトレジャーハン子回…。
話自体はほっこりしたけどキャラそのものはやや薄口だったなぁ。まぁ準レギュラーになるならこれからか。
ねこがみさまは相変わらず可愛い。


・AIの遺電子
脳みそ弄って理想の曲が作れるようになりました(自分だけが楽しむ)とか相変わらずえげつないなこのドクターキリコ…。
本人が望んだ通りだし幸せそうならそれで良いんだろうけど。まさに究極の自慰。