せい☆どく

感想垂れ流し系

グランブルーファンタジー 第10話 「解離」

知らないJKが勝手に仲間面してきて会話に参加してきたでござる。


うーむ、ここまでゲームとは別の展開になってくるとは。いや悪いことではないけど。
明らかに壊す用だろうなと思ってたアクセサリーを壊してルリアを念入りに曇らせたかと思えばリッチさんが出てきたりリヴァイアサン後回しにしたりと1クールでまとめようと苦労してる節は見える。
ボーイミーツガール成分増やしたりヒロインのために行動する主人公と言う位置づけを作ったりゲーム序盤のかったるさを考えれば良改変と言えなくもない。
ただローアインやカルテイラみたいな本来いないRキャラ出した割にストーリーにいるファラを出さないのはどんな判断だと思わなくもない。期待してたのだが。
しかしこのペースだとラスボスはユグドラか…と思ってたのだがまさか先にユグドラ攻略することでラスボス候補がリヴァイアサンになるとは。
舞台としてもルーマシー島ならまぁキリ良く俺たちの戦いはこれからだENDできそうだなと思っていたのだが意外と言うか先の読めないアニメではある。
正直ラスボス候補としてはあまり威厳がない気がしないでもないのだがこのアニメスタッフのことだしそこは色々上手く改変してくれるだろう。多分。


そう言えばポンメルンってこの頃はまだクズキャラだったっけなぁ。
テコ入れが入ったのっていつだったか。