せい☆どく

感想垂れ流し系

週刊少年ジャンプ 27号

・ワンピース
仲間食っちゃったんですか!?(高菜っぽく
マザーカルメルが実はクズだったんだよ!と言うのはまぁ概ね予想通りではあるのだがまさかマムが全員食ってしまうとは。
能力者を食べるとその能力がそのまま食べた本人に移動するってことで良いんだろうかこれは。いやまぁ明確な描写もないし食ったかどうかは限らないけど。
でもカニバリズムったんだろうなぁ…こんな害悪生物後回しにしたら何が起こるか分からないしここでケリつけるべきでは。


約束のネバーランド
うーん…やっぱり色々物足りないなぁ脱獄してからは。
意志無き植物や獣が相手では良くも悪くも普通のアクション物にしかならないと言うか。
攻略本があるのも頂けないしもうちょっと知恵と策略展開に戻って欲しい気はする。つまらないわけじゃないのだが。


・Dr.STONE
やっぱりこの漫画って千空が主人公なんだろうか。
序盤にこの展開やってたら確かに地味極まりない展開だったろうし最初にある程度読者を引き込んでからこうやって時系列戻す手段はなかなか悪くない気がする。
特に今のジャンプシステムだとアンケが優先で序盤の展開次第なところはあるし、ある程度人気が安定させてからのんびりとは考えたもんだ。


鬼滅の刃
ああダメだ柱折られちゃう。
悪くて無駄死にも考えられたので同士討ちに縺れ込めそうなこの状況自体は悪いものではないけどこの引きだと相手だけ逃げ切りそうだしなぁ。
敵討ち展開も話の流れとしては悪くないのだが…。


・ボルト
任務より友達優先。
少年漫画らしい主人公的発想だけど一応仲間には報告することでスジを通したし我儘・好き放題ってイメージはないかな。
ただ1人で突っ込むのはさすがに無茶振りが過ぎるとは思うが。誘拐騒動は偶然聞いただけだし誘拐犯が知られたことに気付いてないなら1人2人くらい頼れそうなメンバー連れてっても良かったような。


・ヒーローアカデミア
モブキャラ頑張ってるなーとしか。
正直ミリオ以外の先輩2人はそこまで興味が湧かないので活躍されてもピンとこないと言うか。
面倒くさそうな個性の足止め要員を3人も受け持ってくれる辺り大したキャラではあるんだろうけど。


食戟のソーマ
うわぁ…試合内容すらカットされた元3席。
強いのは確かなんだろうけどこんな扱いじゃいざ活躍の場を与えられても噛ませ要員にしかならない気がする。
ともあれ第2試合は…これまた反乱軍が惨敗しそうな予感。まず久我さんは100%負けるだろうし。


・斉木
下手すりゃ霊媒師より影が薄いんじゃないかて気がする竜崎…もとい明智なんとか。
いつものストーカー回かと思ったらかなり確信に触れてきたしそろそろバレるだろうか。


・ゆらぎ荘の幽奈さん
基本的にストイックなコガラシさんに変身することで主人公本人による疑似お色気展開も可能と言うスキのない展開。
お色気展開のために色々考えるもんだ。


・左門くん
と言うわけで容赦なく打ち切り最終回。
単行本もアンケもそこまで行かなかった結果なんだろうけどもうちょっと踏ん張れば新連載陣が落ちてくるだろうしもったいないと言うか何と言うか。
ただまぁ色々マンネリ感は漂ってたしタイミングとしては丁度良い感じなのかなと。10巻も続いてるし。