せい☆どく

感想垂れ流し系

ドラゴンボール超 第95話 「最凶!最悪!フリーザ大暴れ!!」

今回の話見る限りやっぱりまだまだ差はあるんだなぁ悟空とビルス様って。


いやー面白い、本当に期待以上の動きをしてくれるならゴリーザ様は。
そう簡単に信用できる相手じゃないのは分かってたけどまさか最初の襲撃からいきなり裏切りに走るとは思わなかった。
第九宇宙がヘタレ揃いなのとビルス様が間に合ったからなんとかなったようなもののあの場で了承されたらほんとに寝返ってたろうしなぁ。
この点に関しては本人も言う通り悟空が甘すぎた。まぁいきなり破壊神の破壊エネルギーぶつけてくるほど無茶してくるとは思わなかったけど。
と言うか現時点で破壊エネルギーをある程度制御できるゴールデンフリーザと出来なかった悟空って結構差が出来てしまってるなと。不意打ちされたから…とは言ってもフリーザも水面から不意打ちされたようなものだし。
ブルー界王拳状態じゃなかったっぽいからその辺でどうなるかはまだ分からないけど少なくとも復活のFよりは格段に手強くなってるのは間違いないようで。
なによりビルス様とヘコヘコしてた復活のFに比べていつか蹴落としてやるから的な強かさが戻ってるのが恐ろしくも頼もしい。悪役が味方になるならこれくらい危うくなくては。
ピッコロさんもベジータもすっかり牙が抜けた以上悟空のライバルはやはりフリーザが適任と言うことか…。
ベジータもナメック星辺りならいつ裏切ってもおかしくない手強さと抜け目なさがあったはずなのだが。
あと何気にゴールデン状態の燃費の悪さをちゃんと追求したのも好感触。わざわざ地獄の責め苦を精神統一でやり過ごして進歩したとかそれっぽい理由つけてきてるし。
こう言う細かい点も突っ込まれないよう対策してますよと明言するだけで印象が変わるものだと。


しかし作画は本当に良くなったなぁ。
東映1軍スタッフをプリキュアから引き戻した噂はほんとうなのだろうか。