せい☆どく

感想垂れ流し系

週刊少年マガジン 29号

・魔法使い
ちょっと見ない間にエロ僧侶と真面目遊び人が仲間になってたのか…。
ここまでひねりのないDQ3パロだと逆に感心してくる。


・ランウェイで笑って
実力はあるけど人に教える気が皆無な師匠ポジの人とそのアシスタント。うーんお約束。
現状不快要素しかないけどちゃんと主人公が実力兼ね備えてると分かれば指導もしてくれるかな。それはそれで現金な話だけど。


ダイヤのA
降谷が使えない以上否応なく沢村に期待が集まるこの状況。
あんまり期待されすぎると逆にミス犯しそうで怖いんだけどさすがに今更そんなポカはしないはず…と思いたい。
でも主人公に厳しいからなぁこの漫画。


・不滅のあなたへ
うわー本当にグーグーとその彼女殺すとは。
まだ確定ではないけど状況的にあのまま潰れたと思うのが妥当か。うーむ。
この漫画は本当にどこに向かうのだろう。


七つの大罪
エリザベスも大概愛が重い…。
何度も転生してメリオダスの前に現れてるんだろうってのは何となく察せていたけどここまでストーカー気質とは。
何が酷いって真実告げられてもエリザベス喜んでるとこが酷い。


・はじめの一歩
もう強さも威厳もあったもんじゃないな相手選手…。
底が知れたことだし次のラウンドでちゃっちゃとケリをつけて欲しいところではある。


ベイビーステップ
記憶力はクリシュナが勝るけど知識の活かし方と土壇場での発想力はエーちゃんが勝ると。
相手の嫌がる距離を見抜いたり土壇場での細かいコントロールを見せたり長時間ラリーだったりと久々にシコりのエーちゃんを見られそうだなぁ。
この粘りの強さこそがエーちゃんの強みでもあるわけだし。