せい☆どく

感想垂れ流し系

夏目友人帳 陸 第11話 「大切なモノ」

6期もやって初めて祖父らしい情報が出てくると言うのも凄いもんだ。


そんなわけでナンドロメダになる良い最終回であった。
まぁ今までと違って最終回らしい内容と言えば石田彰に友人帳の存在を話したことくらいであまり終わりと言う気はしないのだがそれはそれとして。
そもそも今期ってほとんど友人帳使ってなかった気がする。と言うか今期名前返したっけ?
妖怪案件は結構多かった気がするのだがレイコとは関係なかったり神格の高い存在だったりで名を返せ〜とは言われなかったしなぁ。
それは最終回でも同様で家を守っていた妖怪はその辺の野良妖怪とは比べ物にならないほど力が強そうな存在だったと言う。何せ竜だし。
こんな強い妖怪を従えてどんちゃん騒ぎしつつも人付き合いがなく晩年は孤独のままと言うのは何となくレイコさんを思わせるような存在だなぁ…故人だけど。
で、肝心の名取さん案件はと言えば友人帳を明かしても特に関係が変わることはないようで何より。
そんなの捨てれば良いのにと言われたのは至極当然なのであまり腹黒だ怪しいだの言うのはお門違いかな。実際手放せば楽になるだろうし夏目も。
手放せないからこそ夏目なんだろうけど。


さすがに6期もやってて総括もなにもないし特にまとめはいらないかな。
7期待ってます。