せい☆どく

感想垂れ流し系

仮面ライダーエグゼイド 第37話 「White knightの覚悟!」

最近新壇黎斗の影が薄いなぁ。


もはやすっかりラスボスの威厳がなくなったクロノス。
このまま最後まで居座る器でもないだろうしやはりラスボスはパラドかゲムデウスか。
いやまぁパラドも正直すっかりやられ役が板についてるのだが。レベル100とは言えタドルにあそこまで良いようにやられてちゃなぁ。
現状ゲムデウス遺伝子組み込んだドドドドドの人が第一候補だけどそれは映画でやるっぽいしどうなることやら。
タドルと言えば外科医はとうとう迷いを振り切って未来に進みだした…と言えば聞こえは良いのだがエム殺すよりパラド倒す方がまだ気が楽って言う逃げの選択肢に見えなくもない。
そもそもパラド倒したらエムがムテキになれないって知ってる以上単なる言い訳だしなぁ。そんな外科医の背中を後押ししてる闇医者も大概アレだけど。
ぶっちゃけあの状況だとエムがわざわざ外科医や闇医者のとこに行かなくても普通にクロノス倒した方が早かったんじゃないかと思わなくはない。
クロノスを倒しても能力を失ってゲーム医療できなくなったら意味ない的な事言ってたけどそうなったらなったで世界を救って普通の医者に戻れば良いんじゃないですかね…。
話自体は相変わらず面白いけど微妙に話の都合的な流れが見え隠れしていた気がする。


次回は瀕死の大我を救うべく亡き恋人と完全に決別するヒイロさんの覚醒が見られるかな。真社長はわざと失敗しろとかゲスいこと言ってたけどどこまで株を落とすのだろう。
しかしゲーム病ではなく普通の怪我なんだから別にヒイロさんが手術しなくても良いんじゃないかなと思ったのは秘密。