せい☆どく

感想垂れ流し系

週刊少年サンデー 32号

銀の匙
長期休載が続くせいで前回の話がさっぱり思い出せない…告白は済んだんだっけ。
付き合ってるのなら早くじゃじゃ馬グルーミン(サンデーで性交の意)すれば良いのにさすがにまだそんな浮ついた状況にはならないか。
と言うかこの分だと社会人編も普通に続けていくんだろうか。そこまで行くと本当に終わりが見えなくなる気がするのだが。
見たいことは見たいんだけど休載続きだとどうしても意欲が削がれるのがお辛い。


・MAJOR2
やたら我の強いアニータをうまい具合に操縦する大吾。本当に立派になって。
受け身が得意なだけのお飾りキャプテンではなくちゃんと勝つための行動もばっちり取ってるしまさにお手本のような優等生タイプと言うか。
やっぱりゴローの子供じゃないのでは…。


舞妓さんちのまかないさん
なんとも仲の良い幼馴染3人エピソード。
舞妓さん要素いらないんじゃないかな…とは言ってはいけない


・天使とアクト!!
演技が頭1つ抜きん出てる教育実習生をリーダー格に据え付けることで他のメンバーの演技を引っ張り上げる作戦は一応成功と。
今まで薄っぺらかったアニメ作画も久々にまともになったしがっちり歯車が噛み合った演出としては分かりやすい。
ただ当のリーダーが浮かない顔をしているのはプレッシャーや労力が半端ないことへの不安なのか別に理由があるのか。
ここまで頑張ってやっと一歩前進と言われて心が折れそうになったのもあるかな。


天野めぐみはスキだらけ!
ゲレンデがとけるほど恋したい。
これも古い歌だな…22年前か…。


双亡亭壊すべし
この描写だと他のメンバーも全員生存っぽいかな。全滅やむなしと思っていたのでまずは一安心か。
目下の敵は撃退したし一時撤退になるのかタコハと同じように双亡亭からは逃げられないのか…逃げられないのは迂闊に約束したタコハだけかな。


魔王城でおやすみ
非常に珍しい姫様が魔族に振り回される話。と言うか初めてじゃないだろうか同レベルの相手と喧嘩するのって。
争いは同レベルじゃないと云々とは言うけど普段周りを振り回してるだけに実に新鮮な気持ちになったと言うか微笑ましいと言うか。
ここからラブコメに発展する気配…は悪魔神官が許さないだろうけど次の再登場が楽しみではある。
しかしポセイドンの兄がハデスとか設定だけはちゃんとしてるなこの漫画…。


サイケまたしても
もしかしてこの漫画アナがヒロインなんだろうか。
幼馴染ちゃんは異能力について否定的だしもうこっちで良いんじゃないかな!


・マギ
必要な事とは言え今この師匠超えの話をやる必要はあったのだろうか…。
いや話としては綺麗なんだけど早く先の展開が見たかったので。


・だがしかし
ココノツいないと本当に好意隠そうともしないなぁサヤ氏は。
まぁ兄も知ってるだろうから今更からかったりおちょくりはしないんだろうけど。むしろアタシも遊びたいわゥキー!とかノリが良い。
みかん水は遠い昔に飲んだ記憶があるような…ないような…。


保安官エヴァンスの嘘
今週もキレッキレすぎる…銃を突きつけられた対応力含めて。
実際美味しい目にあってないからまだ威厳保ってられるけど本当に色仕掛けされてたらどういう反応してたんだろうこの保安官は。
さすがに手出しはしないって言うかする度胸もないだろうけど。


・キングオブアイドル
女の子は可愛いんだけどあんまりアイドルだのライブだのの描写がピンと来ないなぁこの漫画。
色物すぎるせいだろうか。


・あおざくら
ははーんこいつホモだな。こいつホモだな。