せい☆どく

感想垂れ流し系

週刊少年マガジン 32号

ベイビーステップがないマガジンなんて麺のない素麺だ。


・ランウェイで笑って
最初の山場だからしょうがないんだろうけど何か随分展開がモタモタしてるなぁと。
高校生がいきなりモデルショーの現場だから…と思おうにも如何せんポカやらかしたのは現場のプロの方だからなぁ。
元社長の娘と元社長お墨付きの新人のおかげでこの場を切り抜けたらデザイナーの人二度と頭が上がらないんじゃないだろうか。


ダイヤのA
投手陣に多少のブレはあるもののレギュラーも1年ルーキーも連勝を重ねてまさに絶好調と。
まぁぶっちゃけ大会で当たっても省略されるような名無し校に勝ってもさほどのものではないだろうしあくまで仕上がりを見る程度のものか。
乱打戦になって点を取られるようじゃまだまだとも言えるしどこまで行っても油断はできないか。


七つの大罪
どこかで見覚えのある子供達だと思ったらゴウセルが潜伏してた時の街かこれ。懐かしすぎる…。
割と連載も長くなってきたしこういう初期や中期の顔ぶれを見ると妙な安心感が。戦闘面じゃインフレばかりしてるしなぁ。
そして相変わらず曇りっぱなしのバン。飄々としてるキャラの割に曇ってる時の方が多いんじゃないだろうかこの男。


・不滅のあなたへ
グーグーの次はこのオババが死ぬ流れか…。
いやどう考えても先に寿命でおっ死んじゃうでしょうお婆さん。それを承知でついてくるんだろうけど。
色んな人間から色んな情報を貰ってフシはどう言う成長をするのやら。割と着地点が見えてきた感はあるけど。


・はじめの一歩
エンジンが掛かったようだし来週辺りノックアウトかな相手選手。
一歩完全復活の噛ませにしてはよくもった方かと。


・金田一
犯人の沖田総司さん、特に金田一狙いの怨恨ではなくどちらかと言えば警察に恨みがあるような発言がちらほらと。
違反切符で金溜め込んでるんだろうとか変なことしたらマスコミに警察がミスったとタレこむぞとか手口の割にしょうもない動機が見え隠れしてるしなぁ。
で、お約束のように新撰組の同姓同名メンバーの中に共犯者がいるんだろうなぁ。