せい☆どく

せい☆どく

感想垂れ流し系

TIGER & BUNNY 第16話 「Truth lies at the bottom of a well.」

重っ!何もかもが重すぎる。


能力を使うたびに減衰していく虎徹、同じように能力減衰に悩まされ荒れていったレジェンド、そんな男を父に持つルナティック。
見てて悲惨というかヒーローのそんな姿を直視したくなかったというのが正直なところか。悪党を捕まえるまでは他の奴に任せて手柄だけゲットしてたとか夢もキボーもありゃしない。
あげく酒に溺れて妻に暴行を働いたかと思えば実の子供に焼き殺されたとかルナティック側としてもとんだトラウマを抱えさせられたもんだと。
そりゃアンチヒーローになるのも無理はないというかむしろ応援すらしたくなってきたような。ラスボスかと思ったら裏主人公だったとは…。
虎徹の不調も露知らず手柄を自分に譲ってくれたんでしょとかのんびりかましてるバニーはもうちょっと周囲を気にするべきだと思う。能力減衰してから結構時間が経ってると思うけど一向に気付く気配すらないという。
両親の仇を取ってからトラウマと一緒に爪も抜かれてしまったのかこのボーパルバニーは。まぁこちらはこちらで長年の恩氏が怪しいってイベントが残ってるけど。
レジェンドがあんな結末を迎えた以上マーベリックも見た目通りの人間じゃないんだろうなぁ。むしろ全ての元凶な可能性の方が高い気がしてきた。