せい☆どく

せい☆どく

感想垂れ流し系

七つの大罪 第16話 「駆り立てられる伝説たち」

同じ種族が1人として居ない。
何気に伏線だったと後で気づいた。


ゴウセル編は結構大胆な改変したのだがやはり王都襲撃編は概ねそのままお出ししてきたか。
まぁゴウセルの改変は単に尺の都合だけどこの話はそのまま最終回まで続く長編だし下手な改変されても困るのだが。
仮に改変があるとすればドレファス絡みの設定くらいだろうか。分割4クールで続編やるなら別だけどこのエピソード終わったらほとんど原作に追いつくしそれはないかな。
どちらにせよ七つの大罪最後の1人が出ることはなさそうなのでタイトルに偽り有りのまま終わってしまいそうだが。原作でもいないんだからしょうがない。
ともあれここから少年漫画らしいバトル展開が続いていくのでそこは素直に楽しみにしておこう。文字演出ももう慣れたし。


しかしいくら作者がDB好きとは言えおっすオラメリオダスはギリギリすぎる。