せい☆どく

せい☆どく

感想垂れ流し系

ビタミン補充

何か急に寒くなってきた感。
こういう時ほぼ風邪を引くのが自分。特に今は歯を抜いたりなんやかんや体力削ってる時だし余計に。

週刊少年チャンピオン42号感想

・逃亡者エリオ
執行官仲間にならないかなーと思ってたら刺客と領主もついでについてきたでござるの巻。
誰か1人くらいとは言ったが3人もついてきたら逆に戦力過多ではないだろうか。
特に領主のパワーオブゴリラっぷりときたら。2人目の刺客ふっとばしてたし。


弱虫ペダル
何か鳴子と東堂足したようなお調子者キャラが。良いやつではあるんだろうけど噛ませくささが半端ない。
MTBのレースはロードと違って1日だけ、なおかつほんの2時間くらいと言うし本当にMTB編が始まってもそこまで長引かない…かな?
と言うかここまでマウンテンの楽しそうなとこ見せておいてやっぱりロードがあるんでやりません、じゃガッカリだし。
移行はしなくても良いけど平行してどっちの山も制圧するくらいの気概を見せて欲しいところではある小野田君には。


BEASTARS
まぁ鶏の人が無精卵産んで購買に降ろしてる世界だしそりゃコピルアクも実際ジャコウネコがひり出した糞から取りますよね…。
いやどう贔屓目に見てもただのスカトロではないだろうか。改めていびつな世界だこと。
とは言えウンコの中から豆取り出しただけでメロンの表の顔を教えてもらえるなら安いものと言うか普通に美味しい話すぎる。トカゲ爺ちゃんが揉め事起こしてたから見た目に反して武闘派かと。
で、その表の顔は何かと言うとウサビッチ先輩の大学の臨時講師ときた。また厄介なことになりそうな。


・バキ
もう相撲レスラー凄いは良いから…本当に良いから…。


・SHY
今後敵とやり合うために強さと覚悟を確認するための特訓パート。
心の強さが力になるのはヒーロー物のお約束ではあるのだが現状上手い具合に描けてるのではなかろうか。
先輩ヒーローも俺は共感性がないとか言ってるけどこういう人ほど主人公に絆されてなんやかんや死んじゃうんだろうなぁ。


・入間くん
覚悟完了した入間くんがちょっと悪モードっぽい顔つきで濡れる。
まぁあくまで入間くんが悪周期になったらと言う変化だったわけだし全くの別人ってことはないんだろうなぁあの時の状態も。
ともあれ窮地を脱したわけだしここからが逆転劇の始まりか。1つ取れば一発逆転出来るだけのポイントを稼げる獲物の鍵は握ってるわけだし。


・あつまれ!ふしぎ研究部
最近妹ポジから脱却しつつある鈴メイン回。今回も一気に卑しいヒロイン度を上げてきてあざといことこの上なし。
1番あざといのはメインでもないのに胸押し付けてきた風紀委員長な気もするけど結果的に鈴に意識させる状態を作ったので結果オーライ。
まぁぎゅうぎゅう詰めで委員長に抱きつかれて息子が元気になったから鈴に接触出来ない、なんて言うしょうもない理由ではあるのだがそれこそ結果オーライと言うことで。


・六道の悪女たち
眠れる獅子を起こしてしまったか…。
今までの相手に比べたら格段に乱奈さんを追い詰めた方なんだろうけど逆にそれが虎の尾を踏んでしまったと。
まぁ本人も六道のためとは言え悔いてはいるようだが。


・もういっぽん
やはり全国レベルの壁は分厚かった。先鋒ちょっとヒヤリさせたのが不味かったのか次鋒相手には油断のゆの字もなくて瞬殺状態だし。
こりゃ大将…はいないから副将か。そこまでストレート負けもありえる流れかなぁ。
さすがに相手が悪いか。


・ハリガネサービス
いやもう相手にが如何に演劇派かって説明は良いから。
格好つけてるだけでなく実力も伴ってるのは伝わったからそろそろ次の話をですね。
有り体に言えばこの相手に飽きてきた!


・娑婆王
何かこの監獄出たら話が終わりそうな気がしてきた。

彼方のアストラ 第12話 「FRIEND-SHIP」

人類は自らの行いに恐怖した。


いやー今期屈指の良い最終回であった。実に気持ちよく実に清々しく、後日談も尺たっぷりで後味もスッキリ。
原作が5巻くらいなので1クールで(当然カットも多々あったものの)程良く収められたと言うことだろうか。
これより長ければ俺たちの戦いはこれからだENDだろうしこれより短ければ1つの話を薄く広げるハメになったろうし。やはりアニメの1クールとは漫画単行本5冊前後が良い感じなのか。
閑話休題
しかし最後に残っていた「地球から惑星アストラへの移住をどうやって隠したか」と言う謎の答えが「黙っていたから」と言う実にシンプルかつ強引すぎる解答なのはちょっと笑ってしまった。
いくら悲惨な戦争…それこそ第三次世界大戦に匹敵するような醜い争いを経験した世代だからって後世に伝えませんでしたでそんなことが可能なのかどうか。
書物に関してはヴィクシアに存在する少数以外は地球に置いていって電子データは都合良く書き換えられたとしても100年の誤差をすり替えるのはあまりにも大胆すぎる。
成人してる世代はまぁ100歩譲ってなんとか口をつぐんだとしても未成年にまでその沈黙を強要出来るとは思えないのだがさすがにそこは「そういうもの」で納得しておくが吉か。
人口ワームホールと同じようにそこを許容しないと話が進まないし…そう言えば発生装置を1つだけ残していたと言う割に予備スイッチ持ってなかったっけシャルス…。
ともあれ歴史に関してはどうやって隠したかはさほど問題ではなく。それを発表して過去を再認識しつつ未来に進んでいこうと言うのがテーマだろうしそういう意味では良い着地点だったのではなかろうかと。
クローンだの本当の歴史だの大混乱になってもおかしくないと思うのだが当の7人が妙に明るいのと下手に落ち込まずガンガン前に進んでいったのが功を奏したのだろうか。止まるんじゃねえぞ…。
歴史の生き証人のようなポリ姉が若干影薄かったのは残念と言うか勿体ない使い方したなと思わなくはないのだが本人も大変だったろうしあまり重要なポジションに置くのは可哀想か。
最後は王様含め男3人で希望の未来へレディー・ゴーと。彼女や嫁置いて男だけと言うのは自動操縦だとしてもちょっとむさ苦しいので出来れば全員揃って欲しかったが致し方なしか。
ウルガー辺りはついてきてもと思ったが兄の跡を継いであちこち駆け回ってるっぽいし本人も楽しそうなのでヨシとしておこう。
と言うかウルガーはフニとルカどっちを選ぶんですか。


総括。
最初の見たときは十五少年漂流記かなーと思ったら早々に内部犯の疑いを明かされてちょっとしたサスペンス物に。
かと思えばサバイバルだったりSFだったり青春路線だったりで終わってみれば…冒険活劇と呼ぶのが1番しっくり来るかな。青春冒険活劇。
あるいはスペースボッスンを中心にしたハーレム物。全部見たからこそ分かる事だけど本当に全員をその手で丁寧に攻略してきたんだなとこの男は。
最初はリーダー(笑)みたいな扱い受けてたのに終わってみれば全員から認められる辺り人望と魅力のある良い主人公だったのがよく分かる。実際行動でそれを示してきたわけだし。
他のメンバーもそうだけど自分のことしか考えてない腐ったオリジナルからよくもまぁここまでまっすぐ素直な子達が育ったもので。旅をして変わっていった部分も大いにあるだろうけど。
そのオリジナルの末路がウルガー組以外弁明も恨み節も釈明すらなく終わってしまったのは惜しいようなこれで良いような。語る価値もない毒親ってことだろうしまぁこれはこれで。


作者はアストラ以降は新作描いてないようだけど次回作も楽しみにしておこう。

今日の独り言

古戦場が始まったので金剛交換してアグニスを凸る。
ついでに天秤もタイミング良く落ちたのでハイランダーアグニス完成。ATと団バフ込みとは言え2000万0ポチで処理出来るのは本当にマグナとは次元の違う快適さだ…。


eスポーツは結局どうなんだろうなぁ。職業にはしちゃいかんと思うが。

今日のイラスト

アニメ





アイドル
















Fate
































サイゲ











その他


歯痒い

今日だけで詰め物が2回も取れて2回も歯医者に通うの巻。
いや唾液ですら染みる状態を放置することはさすがに無理なので…。

週刊少年サンデー42号感想

魔王城でおやすみ
アニメ化。知ってた。
仮に30分枠でやるなら1回で2~3ネタくらい詰め込んで丁度良いテンポだと思うのだがどうなることやら。
本編の方はあくましんかんマジキモい話。この若ジジイ実年齢何歳だっけ…。


・MAO
おっといきなり不穏な状況に。前々から怪しいとは思ってた家族がピンポイントで不穏さ醸し出してきたぞ。
と言うか気軽に現世では1ヶ月経過とか犬夜叉より昔に移動しにくいなこれ…入院したことにしてるからOKとかそういう場合ではなく。
これじゃ実生活を送るのが不可能すぎる。


・よふかしのうた
目付きの悪いヒロインの次は目付きの悪いサブヒロインを出してきおった。
本当に今作は作者の趣味全開で書いてるんだな…そんなに好きかツリ目とぐるぐる目。


舞妓さんちのまかないさん
舞妓業だけでなく集団生活でも皆の中心すぎるすーちゃん。
嫉妬する心の狭い同業者がいないからだろうけど本当に今後が約束された期待のエースすぎる…。
まぁ恋愛ごとでは敗北者確定なのだが。


ポンコツちゃん検証中
結構連載続いてると思ったけどまだ10ヶ月もあるのか…。
同じペースとは限らないけどどれだけ能力とイチャイチャシチュエーションの引き出しがあるか、そこが問題か。
この作者なら大丈夫そうだけど逆に見る側が飽きるのが早そう。


トニカクカワイイ
段々ナギになってきてるなこのお嫁さん…。
そして新キャラも続々投入中。さすがに夫婦漫才も幅がなくなってきたテコ入れだろうか。


双亡亭壊すべし
双亡亭で爆発炎上、ないし煙が発生すると別の星と繋がってしまう。
今更そんな驚き情報出されても困ると言うか話が終わりに向かってると思いきや一気に広がってきたな…。
まぁそうしないために早くなんとかしなければ的な時間制限なのかもしれないけど。トップの総理がこれを予想したのならある程度は食い止められるとしても。


・ノケモノたちの夜
さすがにちょっとお兄さんが哀れになってきた。愉悦。
いや実際大事な時にいなかった家族なんて何するものぞって感じではあるのだが兄は兄で奴隷同然の状態からこうなったわけだし。
妹はなんだかんだ芯が強いので今後とも良い曇らせ顔を見せてもらいたいものではある。


・FIRE RABBIT!!
山火事の次は放火魔ときた。
やっぱり災害テーマだとどんどんシチュエーションが悪化して洒落にならなくなるって!次は地震からの炎上か空爆か。
恋愛パートは現状男女さんがかなり滑り台ってるけどどうなることやら。初期ヒロインの意地を見せるか。


・ゆこさえ戦えば
インフレ主人公に対抗させるためにとんでもない化け物能力者が出てきたけどこちらの悪魔すら動けない状態ならバトることはなさそうかな…。
なんだかんだ天然ボケっぷり見せつけて上手い具合にやりすごしていくんだろうし。なんなら籠絡しても良いわけで。
相手ちょっと中二病入ってそうだけど多分なんとかなるだろう。


・あおざくら
割と長かった4年の卒業式もこれにて完全終了と。
本当にしばらく出さないんだろうなってのがよく分かる部屋長の優遇っぷりであった。最後まであざといことこの上なし。
次の1年はこれまで同様じっくりやるのかある程度スキップするのか。


君は008
よく考えたらコイン0になっても失格にならず最終日まで襲ってこれるってコイン保有チームに厳しいルールすぎる…。
上位チームならそれくらいこなさなければってことなんだろうけど負けチームが結託して昼夜なく襲ってくるのはなんともおそろしあ。コイン持ってたら位置もバレるし。


保安官エヴァンスの嘘
今更ではあるが嘘発見器ガールと普通に付き合ってたのか助手。
それにアドバイスする恋愛弱者2人がまた酷い。純朴な青年を貶めるんじゃあない。

ダンベル何キロ持てる? 第12話 「バーベル何キロ持てる?」

やはり腕立て伏せはトレーニングの原点にして頂点…。
まぁ自分はあまり数こなせないのだが。


そんなわけで最終回も良いマッスルであった。
特に脈絡のない水着回からのマッスルガール大会、そしてひびきと朱美の直接対決。なんだかんだ終わりに相応しい流れだったかなと。
驚異の燃費の悪さで直接対決こそなぁなぁで終わったけどそれもまたこの2人らしい関係なのでヨシ。まぁサンドバッグワンパンは燃費の良し悪しの次元超えてる気がするけど。
と言うかそれだけ燃費悪いならちょっと食事抑えるだけでガンガン痩せそうな気がするのだが家でどれだけ食ってるのだろうか…。
食べないダイエットは体に良くないとは言えこの子1日1万kcalくらい軽く取ってそうだしなぁ。
むしろあれだけ食べてあれだけ鍛えてたのなら映像で見る以上に身体が仕上がっているのかもしれない。1年近くジム通いしてきたわけだし。
最後に体重計に乗ってはしゃぐひびきは今期アニメで1番可愛かったと思います。


総括。
放送前はタイトル的にも題材的にもそこまで期待…と言うか興味自体なかったのだが1話を見て惹き込まれたのが運の尽き。
絵柄が自分好みなのもあるけど内容も思った以上に懇切丁寧だし筋トレ・ダイエットのきっかけとしては十分タメになったのではなかろうかと。オタクはすぐ影響される。
あとは何と言っても主人公であるひびきの可愛らしさに尽きるか。金髪浅黒ガールとか見た目ギャルっぽいのに中身アレだし。いやアレはアレでも可愛いって意味のアレだが。
そんなアレガールの声をあてるのがファイルーズあいで本当に良かったなと思う程度にはキャラと声のマッチっぷりが凄まじかった。萌え系チョッパー、可愛らしい光彦、令和の大谷育江
新人とは思えない堂に入った演技だったし今後も活躍を期待したいところではある。


動画工房のアニメはヒット率高いなぁほんと。

今日の独り言

ギル祭りやらねば…めんどくさいな…やらねば…。


古戦場もある。


いや本当に良い曲なんだけどねrage of dust

口内炎も出来る

抜いた親知らずの前の歯をウィンウィンガリガリ詰め物パッパ。
不快感が継続して実にストレスフルなのだがまぁダラダラやるよりは一気に治したほうが良いか。
どれも神経ギリギリですとか言われちゃ待ってる余裕も無し。

コップクラフト 第10話 「COCK ROBIN, JOHN DOE

作画が溶けている…。


1週休んだくらいじゃ気休めにもならなかったのか、話は面白そうなのにとにかく画面が見ていて落ち着かない。
ただ動かないだけならともかく明らかにスライドしている映像を流されると見てる側としてもどういう状況か逆に分かりにくくなると言うか。
有り体に言えば余計なことをするくらいなら止め絵の方がマシなのではなかろうかと。
とろける作画とは裏腹に事件のシチュエーションは普通に面白そうだから困る。困らない。
やれまたも異世界人の犯行かと思ったら地球人っぽいだとか対抗馬を潰すための暗躍かと思えば明らかに黒っぽかった靴下マニアが殺されただとか状況が二転三転してるしなぁ。
特別な素材で編んだ道具は呪文1つで武器に変わるとか言われたら推理や調査のしようもないと思うのだがなんだかんだ追い詰めていってる辺りはさすが皆優秀ではある。
逆にこの手の刑事ドラマにお約束のFBIは相変わらず無能極まりないっぽい扱いなのだがこのまま役立たずで終わるのかなんらかの活躍があるのか…ないかな。


しかしあと2話で終わりってこの事件で終了ってことだろうか。
街中ゾンビ化爆弾なんて事件を見た後だと選挙相手を狙う犯行はどうも地味と言うかぱっとしない気がするが。

手品先輩 第12話

細長いゴムってなかなか膨らまないから困る。


凄い…何1つ最終回っぽい要素がない最終回だった。2期の予定もないのにこのざっくり感。
強いて最終回っぽい部分を上げるなら風船を無修正男性器に見立てたところと後輩の前でおっぱいまろび出したくらいだろうか…。
やってることはいつも通りのポンコツ先輩繁盛期だしまぁ終わりを連想させずにカラッと終了する辺りはこの作品らしい。のだろう。か。
普通すぎると特に言うこともないのだが!

ソウナンですか? 第12話

海水は汚水よりyabai。


こちらは一応最終回らしい体裁を整えたおかげか割と綺麗に終わった感のある最終回であった。
なんだかんだほまれが強すぎるせいで今まで苦労らしい苦労もなかったから実質初めての大ピンチっぽかったしなぁ。慌てていたとは言え水を忘れたのは本当に痛恨の極み。
じゃあ島に戻るまでどうやって急場を凌ぐかと思えば出た答えがアナルin。いやまぁ確かに便が溜まってる場所だから多少の汚水が入ってもそこまで問題ではない…のだろうか…?
少なくとも口や胃を経由するよりはマシなんだろうけど島に戻った後綺麗な水を入れ直したのだろうか。いや入れ直すだと普段から入れてるように聞こえるが。
まぁ実践することは今後ないだろうしそういうシチュエーションに陥りたくもないのだが一応覚えて損はない対策ではあったかな。汚水は尻から。
そんな万能濾過装置アナルもさすがに塩水入れたらどうしようもないようだしやはり塩分のとりすぎは怖いッスね。無人島で真水がどれだけ貴重なものかよく分かる。
最後にほまれパパが船で移動して終わってたけど原作だと別の生存者グループ助けて帰ったんだっけ。現状全然島探索出来てないからしょうがないっちゃしょうがないけどなんというニアミス。
1クールで他の3人も多少マシに働けるようになったとは言えほまれ1人で4人分の衣食住を賄ってる現状では島を探索するなんて夢のまた夢だろうしなぁ。むしろよくやってる方か。

今日の独り言

意外と客来てるのか実写かぐや様…。


停電27日までにおおむね復旧。27日て。
現場は本当に大変だなぁ。


大鳳シリアス実装当時とどっちが勢いあるだろうフォーミダブル。

今日のイラスト

アニメ





アイドル
















Fate









































サイゲ











その他