せい☆どく

感想垂れ流し系

魔法少女リリカルなのはStrikerS 第06話 「進展」

あの苺スパは何の冗談かと。


また訓練話か、と思ったものの大分動きがあったし作画もよかったので個人的には満足。
というか前回の実戦より今回の訓練の方がよほど危険そうに見えるのは気のせいか。なのはとマンツーマンで指導されるとかどんな拷問だか。
近接系はヴィータ、年少組は一応優しいフェイトがついているというのに何だろうあの格差は。
まぁゲボ子曰く以前は生活態度から口を出されたらしいしまだマシな方か。そこまで軍隊ノリされても困るし。
しかしゲボ子の訓練、ハンマーとバリアのぶつかり合いとかどう見てもガオガイガーです。何だあのゴルディオンとプロテクトシェード。
フェイトはフェイトで「ね、簡単でしょ?」とかボブみたいな事言ってやってることは別次元だし。天才はこれだからいかん。
なのはの指導も固定砲台になれ、と言ってる割に本人高速移動で動いてる大砲だから説得力が。あれで遅い方なんだろうか。
訓練後はようやく新キャラの設定公開みたいな話。ちょっと遅い気がしないでもないが、エリオが存外良いキャラだったので良しとする。
よく考えればサブキャラ除けば男はこいつしかいないんだよなぁ。ちょっと良いキャラくらいにしとかないと視聴者から怨嗟が上がりかねんか。
後は成長後ギンガがようやく登場。こちらもデバイス貰ってたけどOP見る限りそれっぽいのはなかったような。
でもって最後に当面の敵キャラが。どう見てもこの偽ライダー達、途中で和解して仲間になりそうだ。
それにしてもジュエルシードなんて完全に忘れてた代物を出してくるとは思わなんだ。もはや懐かしさすら。
1期て途中からフェイトに注目されてたからどういうアイテムかあんまり名言されてなかったしなぁ。使うには丁度良いアイテムということか。


次回はようやくユーノが登場らしい。見た目えらい変わってるけど。それにしてもやっと出てくるというのに作画が悪いとか不幸が付いて回るキャラだ。
一方なのははヴィータといちゃいちゃしていた。コンビ盗られてるよコンビ。