せい☆どく

感想垂れ流し系

ログ・ホライズン 第05話 「アキバへの帰還」

サブ職業かつ手作りなら実物と同じように出来る。
このシステムは料理だけじゃなく他の何かにも応用できそうだけどぱっと思いつかないな。


幼女救出と言う目的は達成したので一気にアキバの街へ戻りました、でも良いのだが道中もじっくり描いてくれるのは割と好印象。
まぁ「自動作成ではなく自分の手で作れば味のする料理が出来る」と言う事を説明するために必要な話だったんだろうけど。
未加工の食べ物や調味料はちゃんと味がするからそれをサブ職で料理人持ってる人が手作りすれば味のする料理になると言うのはまぁ分からないでもない理屈ではある。
ただそうするとますますこの世界が現実なのか電脳なのか分からなくなるな。NPCが意思持ってるかのように振る舞うこと含めて。
さすがにここまで大規模だとSAOみたくネトゲ世界と言うよりネトゲの世界観や設定を反映された異世界と考える方が自然なのだろうか。
その場合死んだら神殿に送り返される、みたいな親切設計がどうなってるのかと言う話にもなるが…原作でも説明してない部分らしいしアニメじゃ無理そうか。。
しかしセララのこの可愛い生き物っぷりはアカツキに勝るとも劣らないマスコットキャラっぷりで。声と見た目の相乗効果だろうか。
見た目通りのリアルJCってことはないんだろうけど二十歳にもなってNINJAプレイするAKASTUKIに比べたらさして問題あるまい。


と言うか妙にロリショタの出番が多い作品だなログホラ。