せい☆どく

せい☆どく

アニメ・ゲーム・漫画感想系ブログ

けものフレンズ 第11話 「せるりあん」

野生開放!とか口に出してみたい日本語すぎる。


いやあ、まさかまさかの急展開。
このアニメ基本的に1クールで1つのストーリーを追っていく形式だから回を追うごとに不穏…と言うか徐々に盛り上げていってる感じなのは見て取れていたのだが。
まさか最終回手前にしてここまで急激に怒涛の展開になるとは。BGMも今まで聞いたことないようなタイプになって尚更緊迫感が増すと言うか。
今までCパート担当だったアライさん組とも合流するしセルリアンとも直接対決するし集大成っぽくなって来たのではなかろうか。
特にそれを感じられたのはやはりボスとのやり取りとかばんちゃんがサーバルちゃんを助ける場面だろうか。
これまでも単なる案内ロボではなくこちらの言葉に反応して会話していたボスだけど今回は明らかに機械の応用力を越える人格らしきものが産まれてしこれもまた今までの積み重ねのおかげか…。
あるいは羽が2本揃ったから、と思わせて想像を掻き立てるのもまた上手いなぁ。どちらにしても違和感なく受け入れられるし。
かばんちゃんの頑張り物語はやってる事自体は人間の常識の範囲内、フレンズに取っては簡単に出来ることなんだろうけどだからこそその人間の出来ることで窮地に立ち向かう健気さがまた心を打つと言うか。
これだけアニメを見てきて今更1アニメの1主人公の一挙手一投足にここまで息を呑んで見守るとは思わなかった。
いやほんと最終回が楽しみで仕方ない。


ところでアライさんの活躍はまだ残ってますよね?