せい☆どく

せい☆どく

アニメ・ゲーム・漫画感想系ブログ

進撃の巨人 #27 「ただいま」

控えめに言って野生児すぎる…。


前回とは裏腹に今回はいきなり話の進みがスローリー、と言うか個人にスポットが当たるせいで全体の話がストップしたと言うか。
今後もしばらくこんな感じの話が続くので巨人が大量に出てきた!立体機動で応戦だ!みたいなハデな立ち回りはしばらく望むべくもないか。
次その手の戦闘が入るのってどのくらい先だったかな…まぁストーリー的には重要な話なので飛ばすに飛ばせないところなのだが。
しかし原作先に読んでるとこの辺のアレやコレやが色々意味深と言うかこう言う意図があったんだなーと分かってなかなかに面白い。
もちろん何も知らない時に読んでた時もそれなりに楽しめはしたけどこう言うとこが進撃の巨人はまとめ読みした方が良いと言われる所以だろうなぁ。
サシャに関しては相変わらず画伯の怪演が冴え渡るのだがただ奇抜なだけではなく人間性や等身大の生々しさなんかも伝わってくる辺り流石画伯と言うべきか。
コニーもそうだけどサブキャラにも良い声優を宛てがったおかげでこの辺の話は期待が持てそうではある。地味だけど。