せい☆どく

感想垂れ流し系

グランブルーファンタジー 第04話 「操舵士の決意」

ラッカームのイケメンっぷりが上がってるような。


ゲームでは無駄な戦闘が多かったりウジウジした展開が続いてたけど前回同様アニメではかなり良い感じに改変してるなぁ。
町の人の反応やラカムの決意が不自然ではないしいちいち邪魔な帝国兵が湧いてこないからグランサイファー起動もスムーズに繋がったし。
尺の問題でカットしたら自然とこうなったのか、あるいは意図的に改変していったのか…後者なら今後のシナリオも期待できそうなのだが。
と言うかやっぱりグラブルのシナリオって無駄な戦闘が多いよなーと再確認させられた感。
その辺上手く再編すればあとに残るのは王道ファンタジーストーリーだし一定の面白さになるのは道理ではあるか。
ただ諸々カットしてもなおティアマトで3話も使うとは思わなかった。やっぱりどう頑張ってもユグドラシル戦までかなアニメは。
分割2クールなのかとりあえず人気を見てから2期を決めるのか。何にせよ1クールだけじゃ尻切れ感半端ないしそこをどう上手く収集つけるやら。


そう言えば基本的に何十m以上もある星晶獣相手の戦闘ってどう処理するんだろう。
ゲームだとその場で素振りして攻撃が届くRPG特有の有耶無耶感でごまかしてるけど映像で見せるのはなかなか難しそうだなぁスケール的に。