せい☆どく

感想垂れ流し系

神撃のバハムート VIRGIN SOUL episode11 「Declaration of War」

まだ脱獄出来ないのか…。


前回が陰鬱としたジャンヌ過去回想だったので今回辺りは脱獄してスカッとお天道さまを拝めるかと思ったら脱獄失敗!牢屋戻り!とは。
作画は相変わらず高水準だし視覚的には楽しめるのだが内容的には2クールある弊害が出てきたかなと。話がちっとも進まない。
丁寧と言えば丁寧だしじっくり描いていると言えばじっくり描いているとのだが…いい加減王都の外に出たいなぁと。
王様が魔族を支配して神に喧嘩売ってるのは重々承知してるけどそれで王都以外の世界がどうなっているか、がまるで見えてこないからどうもスケールが大きいのか小さいのか。
その辺は2クール目に描くかもしれないけど正直ここまでの話を1クール丸々引っ張るのは展開が遅いと言われても仕方ないかなと。何よりカタルシスが足りない。
そもそもこの王様はジャンヌはともかくニーナをどうしたいのだろう。この期に及んでまたダンスしたいものだなとか本心なのか挑発なのか…。
今回ラストにゾンビかーさんがやってきたことだし流石に次回は脱獄して何かしらのリアクションを起こしてくれると思いたいものだが。
ついでにアフロとリーゼントを拾えばなお良し。


しかし1期では存在感のなかったジャンヌがここまでメインキャラに躍り出るとは。