せい☆どく

感想垂れ流し系

武装少女マキャヴェリズム 第12話 「少女達の「マキャヴェリズム」」

まさに殺し愛。


なんだかんだ終わってみれば良い最終回であった。
肝心の戦闘シーンは最後まで微妙極まりないものだったけどキャラや話運びが良かったのか見終わったあとの気分はそう悪いものではなかったし。
結局女の子が帯刀してる狂った世界観に深いツッコミもないままだったけど何かもうこれはこれでと言うか。何でもありな懐の広さを見せてくれたと思うべきか。
冷静に見れば女帝は完全に殺人未遂の現行犯レベルなのだが退学処分だけで済んだのが不思議なレベルだしなぁ。しかも動機が好きな男に言い寄る女がいたからと言うのが酷い。
完全にサイコ一歩手前…どころか踏み越えたストーカー女なのだがあまり不快感ないのは本人がラオウみたいな女だからだろうか。我に惚れるかさもなくば死ねえ!みたいな。
と言うか結局この作品のメインヒロインって女帝なのか鬼瓦さんなのか…少なくとも金髪ちゃんじゃないことだけは分かる。
個人的には蕨のパートナー感の方が好みではあるのだが。チョロイン2人はちょっとチョロすぎる部分があるし。
しかしアニメは女帝が出ていってノムラが帰ってきてめでたしめでたしで終わったけど漫画だとここから普通に続きがあるんだっけ。
流石に2期やるようなアニメでもないし続きは原作で!ってところか。


総括。
放送前から原作を読んでたから…と言う贔屓目を差し引いても漫画より動いてないアニメーションは色々どうかと思うアニメであった。
アニメスタッフも頑張ってるのは分かるしたまに光る部分もあるにはあったのだが題材に大して圧倒的に作画力が足りてなかったなぁと。
元々嘘っぽい剣術バトル展開にそれなりに説得力持たせるための動きや説明ありきな漫画だっただけにそれをアニメでは表現しきれなかったのは痛いか。アニメ向きの作品ではなかったと言えばそれまでだけど。
キャラクターの魅力は良い感じに発揮出来てたし原作での冗長な部分をアニオリ改良したり貢献したところも多いだけに後は本当に作画だけがなー。
まぁ最終的に楽しめたので良しとしておこう。