せい☆どく

せい☆どく

感想垂れ流し系

手遅れ

とりあえず祝日で荷物の半分…1/4くらいは事前に運んでおかねば。
さすがにあと5日は余裕もなくなってきたし。やっと尻に火がついてきた。

週刊少年サンデー16号感想

・FIRE RABBIT!!
また天才ゲーマーにおあつらえ向きな舞台で。
消防士題材にして遊び感覚になられても困るけどここまでファンタジー要素強いとそこまで気にならなくはなるかな…。


双亡亭壊すべし
うわ開祖強い。生身も守護霊?もしのとは比べ物にならない化物レベルだ。
なんでそんな化物が政府の呼び出しにホイホイ応じて待合室にいたのかは次回説明あるかな…。
そもそも突入組の敵であっても侵略者の味方かは分からないしまだまだ謎の多いキャラだなぁ。序盤も序盤の頃からいたにも関わらず。


・ゼロの日常
またアムロがサービスカット見せつけてる。


君は008
すっかりデレデレなあやめ殿。
どうして自分にここまで良くしてくれるんだろう、って発想自体が既にモテモテ主人公のそれすぎる…。
まぁ実際はそうなるまでの積み重ねあってのものだし決して無条件でモテモテってわけではないのだが。
いやでも割と早い段階でデレてたなあやめ殿…。


魔王城でおやすみ
また姫が童貞モンスター達に波紋を投げかけるようなことを。
すっかり配下レベルで姫が好き放題やりまくって寝ることしか考えのないアーパーだと知れ渡ったけどだからと言って対処できるかは話が別なわけで。
まぁ今回は仲直り出来る切っ掛けを作ったから基本善行しかしてない…ということにしておこう。
そもそも脱獄自体が魔物的にアウトなのだが。


保安官エヴァンスの嘘
オークレイこれでよく周りにバレないなと思うほどチョロチョロのチョロインすぎる…。
惚れ薬は偽物だったけどエヴァンスが格好つけすぎたから本物かと思ったわ!って言い訳にもなってないし。
早くくっつけば良いのに。


トニカクカワイイ
ディズニーランドでイチャイチャ。
あまりディズニー的な描写はほとんどない抽象的な遊園地デートだけどまぁ楽しそうなのでヨシとしておこう。



舞妓さんちのまかないさん
舞妓さんもワールドワイド。
むしろ京都ならではのあるあるネタと言ったところだろうか。外国の客多そうだしなぁ。
というかいつの間に100年に1人の逸材レベルになってたんだろうすーちゃん。


初恋ゾンビ
あああああ恋をしたのはー。
爆乳幼馴染も自分の初恋ゾンビも投げうった以上こうなるのは自然っちゃ自然なんだけどちょっとここまで引っ張った割にはやや物足りない最終回手前ではあったかな。
こんだけ結末引っ張ったんだからもうちょっとドラマティックにラブティックに盛り上げても良いんじゃないかなと。
今更ケチつけるわけでもないが。


・あおざくら
骨休めするときはとことん骨休めしろとの先輩アドバイス
ただでさえ人間関係なり激務なりで心身ともに疲れ切ってる防大生に上級生のありがたい助言といったところか。
まぁ案の定土方は聞く耳持たずに自主トレに勤しんでるわけだが。今回は土方籠絡のターンかな。
いい加減デレの1つも見せて欲しいものだが。

ケムリクサ Episode.11

f:id:ramyu:20190321031012j:plain:w450
うわーズルい、これはズルいわED。


とてつもなくスケールのデカい話になってきた。主にラブロマンスの。
正直こんな終盤からの過去編1話くらいで何が出来るのかどこまで説明出来るのかと思ったらおおよそカバーしきれるのが凄い。30分の中に情報量が半端ない、それでいて分かりやすい。
てっきり地球が何千年も経ってこうなったかと思ってたけどそもそも「作りかけのコピー地球」に「赤いケムリクサ作って大惨事」ってことなのね。
わかばも元々は宇宙人?であるワカバのコピー体と言うかサルベージ品と言うか。記憶は伝承しきれなかったようだけどそこはケムリクサの特性の通りと。
全ての原因は地球から拾ってきちゃった天才幼女が原因と言うのも罪深い。子供の純粋な善意がこんなことに…天才と言うか天災と言うか。
ワカバが凄いのはそれを怒るでも慰めるでもなく褒めてこれに懲りずに伸ばしていこうと諭したことだよなぁと。なかなか言えたことではない、この父性っぷり。
そりゃあんな優しけりゃ幼女も懐くよねって思ってたらあれよあれよと自分を分割して助けに行く手段を作り上げる稀代の天才児。始まりの人ってそういう。
ワカバが犠牲になってから10日でリリが分裂したってことは最初の悲劇から姉妹分裂~わかば誕生までそう日数が経ってたわけではないのかな。りんちゃんズがどれくらい活動してたかは分からないけど。
しかしこういう自分を犠牲にして過去から未来まで全てを賭けて何かを助けようとする展開は本当にツボだなぁ。ちょっとシュタゲ思い出したし今回。
どっちも覚えて無くても自然と再開したのはまさに運命。こういうの弱いの。
で、過去見てる間に何か不穏な声が聞こえたと思ったらCパートのこれですよ。衝撃的なことが起きて最終回に続くのはけもフレ1期の11話を思い出すなぁ。
たつきを信じろ。


ていうかロリとりんちゃんさんどっちも同じ声優ってことに驚いた。
小松未可子パないの。

今日の独り言

ソシャゲのディスガイアはダメだな…。

今日のイラスト

アニメ





アイドル









Fate

























サイゲ















その他





そういうことになった

引越し作業?
進んでます進んでます。ええ。はい。

けものフレンズ2 第10話 「ちぇっくいん」

観覧車が完全に水没してるレベルの土地に水面から頭が出てるホテルってどれくらいの高さだろう。


今までスケブちゃん人間じゃなくてセルリアン説もあったけど今回の話を見る限り単に絵が取り込まれてるだけで本人はあくまで人間ってことで良いのだろうか。
ヒトのフレンズであるかばんさんがイエイヌからちょっと違う判定食らったらしいし純人間はキュルルだけだと。まぁ実際はまだ分からないけど。
人はフレンズを従えさせることが出来る=かばんちゃんを従わせる、とか言う暗喩じゃないと良いのだが。1期の観覧車水没させる妙な当てこすりする2期だし。
閑話休題
一応主人公が水没する衝撃の展開ではあるのだがスケブちゃん可愛げってものがないからあまり心配する気になれないのはキャラ造形的にどうかと思う。暗喩や騒動抜きにプレーンな視点で見るとしても。
今回にしてもサーバルに八つ当たりする要素ないのに無駄に突っかかってたし。やさしくない世界…!
カラカルもそうだけど妙に当たりが強いのがなぁ。それ以外のフレンズが基本のほほんとしてるせいで余計そう見えるってのもあるだろうけど。
今まで関わったフレンズがセルリアンに襲われたりかばんちゃん組が謎を解明する辺りは普通に面白かったのでキャラの動かし方に難があるのかな2期は。


ぶっちゃけ本編に出ないんじゃないかと思ってたアライさんが出てホッとしたのは秘密。扱いも悪くないし。
あとはキツネ組…は出ないかな。

エガオノダイカ 第11話 「二人の決意」

感想書いてない前回のあらすじ。
前髪がなにやら満足げに戦死。


いよいよ泥沼となってきた戦争を一発逆転するために姫様が取った手段は人類原始時代逆戻り計画で御座るの巻。
タカ派だったとは言え前髪が正論で止めてたにも関わらず戦争に負けそうだからって全人類を巻き込むとは無茶しでかすなぁ。
一応帝国にだって貧困からの侵略と言うお題目があるのにここでエネルギー源となるナノマシン全部止めまーすって人類史上最大の犠牲が出るのでは…。
現代で言うところの石油供給完全停止みたいなものだし。大変だけど頑張ろうってレベルじゃないですよ姫様。
歴史に残る大罪人になる覚悟があるようには見えないって言うかそもそも戦争で負けてなきゃそんな手段取ってなかったですよねって思うとなんというかこう。
いやこの姫様なら平時でも真実知ったのなら同じことしでかしてたかな…戦争のドサクサじゃないと王国側か帝国側の刺客に殺されそうだけど。
帝国の下っ端組の話も絵に描いたような前線感だし双方ここまで盛り上がらず最終決戦になってしまうとは。OP詐欺にも程がある。
果たして最終回にW主人公が邂逅することはあるのだろうか。仮に顔合わせても憎しみこそあれ手を繋ぐ場面なんて考えられない状況にあるけど。


しかし作画本当に安定しないな。

今日の独り言

スパロボ出たか。いつ買おうかな。


もう来季アニメを視野に入れる時期か。早いなぁ。


ヴァルヴレイヴ→バルブレイブ。

予定は予定

そう言えば今週祝日があったっけ。
荷造りはその時本気出そう!

週刊少年ジャンプ16号感想

・ワンピース
混浴ならわざわざ姿消さなくても良かったのではサンジ…まぁその辺は男のロマンか。
そしてやっぱりジェルマに反応する北の海出身者達。なんなの正当な読者そこまで多いの。
一方ルフィはハート様が侮ってくれて海楼石を外してくれていた。首輪なんてなんのハンデにもならないすぎる…。
老人庇いながらでも余裕そうだしネームドでも出てこない限りはまぁ。


・ヒーローアカデミア
そりゃチンピラまがいのヴィラン達にカリスマとなる存在もいなけりゃこうもなるって言う。
手マンはまだまだ未熟だし周りもサポート出来るような知恵のある人間はいないし。オールマイトが残ってる分デクはまだ恵まれてる方か。
というかこんな苦労エピソード描くとヒーロー側よりこっちに感情移入しそうだなぁ。


鬼滅の刃
猗窩座の能力はなんだろう…足元の結界に入ると自動防御…てのも違うだろうし。
度々磁石だの磁力だの言ってるのが鍵なんだろうけどいまいちピンと来ないので次回の種明かしを楽しみにしておこう。
しかしここで痣が発動すると水柱はここでリタイアかなぁ。死ぬとは思ってないけど続けて戦う体力残ってなさそうだし。
生き残ってくれるだけでありがたいが。


・神緒ゆい
絵がカワイイ。だけ。
になりそう。


約束のネバーランド
うんまぁそりゃこの段階でエマの不殺主義なんか聞いてられないだろうなってのがよく分かるノーマンの反応。
発想が社会的すぎて読者視点からでもあまり良い提案とは言えないからなぁ。富を独占せず分配しよう、みたいな考え出し。
この世界が人間に取っても下級鬼に取ってもディストピアなのは間違いないけどそれはそれでどうなのって感じで。
誰もが納得できる答えがあると良いのだが。


・幽奈さん
シリアスの反動がまだ残ってるのかとんでもない頭空っぽ話だ…!
いやまぁ修学旅行でのやらかしを反省してたりとサキュバス先生的には真面目な話だったんだろうけど。
でもエロ。


西遊記
妖怪を一撃でクリアー!いや特殊な訓練してきたわけでもないのに強いなお兄ちゃん。
ともあれこれで義妹との確執も父親とのギスギスも当面は解決と。できれば前回まででここまで行ってほしかった感だが。
しかし電ノコで増やせる如意棒と言うのもシュールだ。


Dr.STONE
石油があればやれる事がぐっと増やせるなぁ。もはや昭和レベルと言っても差し支えないのでは。
船に関しても流石に爺さん1人ではどうしようもないところを龍水様がなんとかしてくれました展開になるようで。
チートでお気軽俺ツエーするのではなく今までの積み重ねや回想で説得力をもたせるのは良かったと思う。
いやまぁチートと言えばチートまみれの千空パーティなのだが嫌味がないと言うか。実際好感持てるキャラだし龍水。
千空のコンビ相手がまた1人増えた。


・呪術
脳内会議だけで敵の不意打ち回避とかIQ53万は伊達じゃないすぎる…。
さすがに相手も痺れを切らしたのか領域展開してきたけど発動キャンセルされたしここまでかな。
現状そこまでピンチではなかったし手助け登場されても良いとこだったのに邪魔するなよ感が強いのは秘密。


・アクタージュ
アキラ君暇なのかな。
心配で見に来たのは分かるけど変装する気があるのかないのかどこか天然ボケてるのは変わらないなぁ。
撮影の方は順調なのだが幽霊部員がどこでちょっかい出してくるやら。


火ノ丸相撲
からあげクンは普段なら本当に良いやつなんだろうけど取り組み前に良い人言うのはさすがに火ノ丸の失言か。
無道に無道でぶつかり合うのもあまり良い選択には見えないけどこれもまた火ノ丸って言ってるしそこまで悪いことにはならないかな。
メタ的に見るとここで火ノ丸勝たないと本当にからあげクン優勝一直線だろうからまぁ勝つだろうけど。


・ソーマ
もう料理見せる気もないですよね。

マナリアフレンズ 第9話「或る日…」

雪だるま同士の接触はセックスの暗喩。


うーむ凄い。部屋入れて貰えなくて嫉妬してるアンだけで15分引き伸ばすとは。
恋人同士でもここまですれ違わないだろうってくらいのいざこざを演出と音楽でやりきった感。何を見てるのかと冷静になりそうになったし。
悪いってわけじゃないんだけどよくこの内容を通したなーみたいな。レズの伝道師でもいるのかなスタッフに。
最終的にお互いどちらが謝るでもなく仲直りと言うのは最高のオチだったかと。まぁ誰が悪いと言えばアンが勝手に怒ったのが悪いしグレアが謝ることはないのだが。
それもまたイチャイチャ。


次回予告と提供絵からして次回はとうとう結婚式ですか。
と言うか最終回なのか…。

上野さんは不器用 第11話 「インビジブルマ」「リアスコート

あら田中格好良いじゃない。


空中に座ったり視覚妨害したり相変わらずドラえもんばりの便利アイテムをさらっとお出しする上野さん。
ただ今回は珍しく田中がマジで注意したのでコロッと乙女モードになる上野さん。本当にチョロいなこの人。
顔面に尻押し付けるより本気で心配してくれた方が嬉しいだろうにそれでもちょっかい掛け続けるのは思春期の男子かこの人。
後半出てきたテニス部の新キャラは何物語のキャラモチーフだろうか。今までの追加キャラに比べてこれってモチーフが思い浮かばないような。
見た目的に臥煙さん…ではないか。

今日の独り言

シナリオは堪能したし高難易度はサクっとクリアしたけど。
周回自体はビタイチやってないなアラフィフイベ…まぁ良いか。シナリオが全てだ。


ちょっと追いガチャしたけど石ルシフェルがあたったのでヨシとしておこうグラブル無料10連。
出来ればルシオが欲しいんですけどね。正確にはその武器。
ゼウス編成に移りたい。

今日のイラスト

アニメ


アイドル









Fate























サイゲ









その他