せい☆どく

せい☆どく

感想垂れ流し系

脳のアレ

最近すこぶる仕事のやる気がない。
やる気がないと言うか集中力が続かない。
花粉症かな?

週刊少年チャンピオン14号感想

・入間くん
まさにロック…とかなんとか言おうと思ったんだけど。
悪周期イルミで全部吹っ飛んでしまった。ただでさえ悪周期状態は通常時より好みなのにさらに女装とか性癖が壊れてしまう…!
さすがにフリだけでこの演技は無理だろうし本当に以前と同じ強制的悪入間状態にされてるってことで良いのかな。
何かもう勝ち確のオーラすら出てしまっているが。


・メイカさん
うーん、やはりこの手の勘違い妹キャラはあまり好みではないな…。
いやまぁコータさんがダメ男でだらしないのは事実なんだけど姉が無理やりやらされてる!とかそういうコテコテの誤解はちょっと。
ヒロインレースに参加するタイプの漫画でもないしこじらせたままじゃ面倒くさいだけだし早い段階で誤解が解ければよいのだが。


弱虫ペダル
2年連続負け続けてるくせに未だに総北にナメられてる?とか上から目線してる時点で逆に総北をナメすぎてるとしか言えない新開弟。
いやもうはっきり言えばただの劣化品じゃないかな新開さんの。人を見る目も実力を見抜く目も持ってなさすぎる。
これが初レースとかならまだしも1回やりあって負けててこのうぬぼれはちょっとなぁ。


・吸血鬼すぐ死ぬ
アニメ化も近いここでヒナイチメイン回…吸血鬼ペンギン…?
以前出たらしいけどヤバい1ミリも思い出せない。こんなアクの強い吸血鬼いたら多少は覚えてそうなものだが。
とりあえずオルカヒナイチは可愛かったですねと。


・ビーストコンプレックス
今週もレゴ氏の出番あり。これただのビースターズ続編じゃん!
そして内容は相変わらずドン引きに近い異文化交流。肉食獣が草食食べるより忌避感も倫理観も薄くないだろうか海の民関連は。
レゴ氏が重罪って言ってるからには裏市レベルの案件なんだろうけど屋台で普通に売り歩いてるのがなんともカオス。
どれだけ連載が続いても不思議な世界観だなぁ…。


・あつまれ!ふしぎ研究部
珍しく1から10まで美味しい目を見る千晶先輩と逆に完全噛ませな風紀委員長。まぁたまにはこういうのも。
と言うか漫画の描写的に普通に金髪美少女にしか見えないな先輩。髪の色はともかく美少女なのは事実だけど。


・SHY
クフフさんこっち側についてくれると良いけど経験上この手のキャラは間違いなく敵側に戻るんだよなぁ。
そして土壇場でこっち側について死ぬ。


・バキ
これはこれはゴキブリ師匠…お久しぶりで…。


・ハリガネサービス
あれ…監督がびっくりしてる。作戦じゃないのか今の金田の状態。
完全にボールに反応する無我の境地状態になってるけど自発的なものだったのか…。
それはそれで凄いと思うしこれを否定されるのもなんかアレなので監督の心配のさらに上を行ってほしいものだが。


・六道の悪女たち
改心のしようがない天然クソ野郎…と思っていた相手がちょっとでも考える時間を持とうと考え直して終わり。
長い話の決着としてはなかなか良い結末だったのではなかろうか。いやまぁまだ暴走乱奈さんが野放しになってるけど。
終わりが近そうな雰囲気だなぁ。


・もういっぽん!
この漫画は着替えや入浴シーンがあっても特にエロを感じない作風…だったんだけど。
今週の妹ちゃんはちょっと性的がすぎるのではなかろうか。色っぽいと言うべきか。
そんな子の個人戦初出場がいきなり先輩倒した相手と言うのは運命的と言うか何と言うか。仇討ちにしては実力差がありすぎる。

装甲娘戦機 第09話 「関門海峡の激闘」

オタ爺さんがすっかり5人娘の司令官的立ち位置に。


やったか!やってない!
無事か!無事だった!
何かこのやり取りを2回3回も続けてたせいかはよ話進めろよと思わなくもないAパートだった。
全体的に間延びしていると言うか前後編に合わせるためにダラダラしてると言うか…もっとテキパキした話が良かったなぁ。
話が動いてる時の緊張感やどうなるんだろうっぷりは良かったんだけどそういう話の進まなさで足を引っ張られたのは否めないか。
しかし普通こんな終盤ともなればいくらノーコンが売りの主人公でも当たるのがお約束だろうにこの期に及んでミスるとは思わなかった。
トラウマガールが必死で誘導しなきゃどうなっていたことか。この調子だと本当に最終回まで1発も当たらない気がしてきたぞこのスナイパー。
そして出入り口にあんな物騒な敵が鎮座している割に内部に入ると平和極まりない人類の生存圏よ。
そこらのラーメン屋ですら追加発注出来るくらい食料が行き届いているとか装甲息子といた難民キャンプを思うとあまりにもあまりな格差ではある。
多分あんまり深いこと考えてないんだろうけど。

ゆるキャン△ 第09話 「冬の終わりと出発の日」

誕生日と放送日合わせは偶然なんだろうけど凄いなー。


ソロキャンも終わったことでいよいよ最終回に向けての伊豆キャン開始。
今更なにか買い物をするでもなし、目的地とその間に訪れる期末試験さえ乗り越えれば順風満帆な日程ではある。
普段以上に準備が必要だったのはスクーターで並走したがってるしまりんくらいかな。3月とは言えバンと並走するのは寒かろうに。
そんな状況でやってくるイケボお爺ちゃんの甲斐甲斐しさよ。この家族上から下まで声が良すぎる…!
と言うか全体的にリンちゃんの風来坊っぷりに理解が高いのって家族全員バイカーだったりキャンパーだったりするせいなのね。
パパリンはともかくママリンまで若い頃鳴らしていたとは思わなかったが。見た目のおっとりさに反して思ったよりお転婆な時代があったようで。
なんとなくリンちゃんの人格形成の一端を垣間見た気がする三世代揃い踏みの場面であった。クールっぽいようで表情豊かな両親や祖父の良いとこどりか。
そう言えば祖母リンは存命なのだろうかこの一家。今まで出てないしお亡くなりになられているのかな…?


次回1話では終わらないようだしじっくり伊豆キャンが楽しめそうではある。

ひぐらしのなく頃に業 第22話 「郷壊し編 其の伍」

シャンデリア百合心中を見せられてあざ笑う邪神。
まぁループ初手からあんなもん見せられたらそりゃ笑うか。


沙都子の目的:夢バトルしようぜ!夢バトル!
いやぁ…梨花もちょっと沙都子をないがしろにしすぎだとは思ったけど沙都子は梨花に執着しすぎだこれ。
百合とかレズとかそういうあまっちょろい感情を置き去りにしたもはや執着心と言っても良いレベルの…喧嘩?
実際ただの喧嘩なんだけどなまじお互い人間やめてしまったせいか後に引けない物語になってしまったと言う。
正直2回目のループの時点で梨花をほっといて1人で圭一達の学校に進学する道もあったろうにそれだけは頑なに選ばなかったくらいだしなぁ。
梨花と離れることもルチーアで3年ぽっち我慢することも選ばずわざわざ惨劇の100年を見てさらにそこから梨花の心を折るために10回以上はループしてるって言うんだからもう。
梨花からすればそれこそ100年来の付き合いだけど沙都子の意識の中ではそれこそ数年程度の付き合いなのに何がそこまで執着させてしまうのか。
何がアレってここまでやった以上お互いもうまともな人生は歩めないし和解も共存も無理ってことだよなぁと。梨花の100年見た感想が今度こそ完全に心折りますわ!だし。
本当にどうするんだろうこれ。いやどうにかして真相にたどり着いたのが猫騙し編なんだけど。
オヤシロブレードを使って邪神もろとも沙都子のループを切り離して…切り離したとしても記憶がそのままだとどうしようもないしなぁ。記憶までケアしてくれる性能があるとは思えん。


そしてサラッと見捨てられるにーにー。
多分もう出てこないと思う。

今日の独り言

メジロマックイーン無敗で勝利。
いやー現時点で1番難しい育成だった。ライスやテイオーあたりも難しいんだろうが。


限定凪を30連ちょいでゲット。
嬉しいがここからラッシュ来るんだろうなぁちとちよはーあきあかりあむ3周目。

やるべきことと後回しにすべきこと

3月も早4日目。年度末に向けてぼちぼち尻に火がついてきた。
ここからが本当の地獄だ。

週刊少年サンデー14号感想

魔王城でおやすみ
作者の性癖でも爆発したのかな?と言うくらいショタとショタのハーモナイズ。
今回ばかりは本当に不審者でしかなかったな姫…可愛いもの好きお姉さんじゃないよショタ好きのヤバい女だよ。
少なくともクマデビルのような扱いをするには無理がある。だがおねショタの可能性を作った功績を余は忘れておらぬ。


・龍と苺
割と危なげなく準決勝に通過する女子2人。
苺は土俵際のクソ根性による逆転劇だったけど徳島ガールは最初から狙った展開っぽいし本当に1度勝ったとは思えん強キャラオーラ出してるな…。
なんせ苺すら終盤の逆転を見誤ったようだし。メンタル1つで実力が大幅に変わるタイプだろうか。
チャラ男は多分あっさり負けるだろうし準決勝のメインは女子2人による再戦かな。


トニカクカワイイ
頭ぶつけて忘れたことくらい許してやれば良いのに面倒くさいと言うか重いと言うか。
まぁ単に告白した場面を忘れたから、ではなく多分そこで色々重要なことが起きたからこその展開なんだろうけど。
だとしても当時は怪我人だったんだしもう少し配慮をですね。


・MAO
やっぱりそのうち術解除されて死にそうだなこの土の姐御…。
完全に良いように使われてるだけにしか。


・葬送のフリーレン
あちこちの水場を封鎖して残った箇所にやってきた鳥を絶状態のフリーレンが確保と。
当然このまま問題なく終わるわけもなく確保のための魔力発動を読んだパーティが襲撃…なのだが。
いくら老魔法使いが切れ者でもさすがにフリーレン相手じゃ話にならんのではないかな。3人掛かりでも無理そう。
さすがにそこは何らかの緊張感ある展開に仕上げてくるんだろうけど。


・あおざくら
うーむ…普通に立派な人に見えるな伊東。
実践で失敗を経験させるわけにもいかないしこういう平時の時にこそミスをさせて学習させると。
もちろん連帯責任なのでバツは一緒に受けるし1番トップの自分が悪いということも辞さないその精神。
強いて言うなら独りよがりや他人を自分の思うままに動かしたいだけ…と言うにしては自己犠牲含んでるしあまり強くも言えないしなぁ。
まぁ自分が目をかけている「近藤」のために「谷」を犠牲にしたとも言えるしその辺かな問題が生じるとしたら。


・よふかしのうた
また頭のやべーやつが出てきた…。
吸血鬼ってわけではないだろうしただのメンヘラだろうか。男子中学生相手にヘラる女子…大生?もなんかアレだな。
しかしやろうと思えばまた随分良い子ちゃんモードが出来るものでコウ君。これは学校でも人気者。


舞妓さんちのまかないさん
この子達メシの話か稽古の話しかしてないな…。
舞妓さんが思ったより大変なことは伝わってきたが。


・MAJOR2
おお…2年近く試合してなかったこの作品もいよいよ練習試合が。
しかもその相手は海堂ときた。阿久津とかまた面白いとこからキャラ拾ってきたな。
令和の時代に海堂のスパルタ育成は問題にしかならないだろうけど今も野球部があるってことは方針変えて選手育成してるのだろうか。


双亡亭壊すべし
あーあよっちゃん刺激するから水が決壊しちゃった。
それでもまぁギリギリのところまで耐えてた分由太郎君の中でもかろうじてタコハに対する葛藤はあった…のだろうか。
あそこまで溢れた以上侵略者はノンストップだろうし既に少尉や帰黒はいないしどうするやら。


君は008
うーん、相手が舐めプしてくれてるからこその救出劇になりそうだな…。
全力出されたらプロのエージェントならぬ生徒2人なんて木っ端のように打ち捨てられるんだろうけど相手の本拠地まで乗り込んで何もなしってのもそれはそれで都合が良すぎるし。
どうやって盛り上げるやら。


ポンコツちゃん検証中
能力よりラブコメ成分の方が大きくなってきたなこの漫画。
まぁそれはそれで悪いってわけではないんだけどラブでコメするにはいかんせんサブヒロインの負けっぷりが既に盤石のものすぎて。
勝負にすらなってないなって言うか。


・ノケモノたちの夜
散々暴れた自業自得とは言え既に半死半生みたいになってるウォーモンガーコンビと人間と繋がっても変わらなかったトカゲ1匹。
全員が全員パートナーを通じて考えが変わるわけではないだろうけどトカゲの方は本当にみっともない結末になりそうだな…。
まぁなまじパートナーと相性が良すぎてもダンタリオンみたいな歯止めの効かないはた迷惑野郎になってしまうのだが。
そう思うと犬猫の方は良いパートナーと繋がれたもんで。

シャドウバース 第45話 「天空の城」

本当に面倒くさいオヤジだな…。


うーん、基本的には1度やりあった相手だし特に目新しい切り札が出てきたわけでもないしあまり言うことはないなぁ。
お互いのやり取りも平行線だし正直繋ぎ回以外の何物でもないかなっと。
せいぜいヒイロ側の切り札が2枚とも潰されてかつ残りライフ1、相手は20点以上ありますよと言う絶望的状況くらいか。
まぁ予告見たら早速イグニスドラゴンが復活してたしなんとでもなるんだろうけど。
残り手札も1~2枚しかなかったはずだしここからどう逆転すると言うのだろうか…。

ワールドウィッチーズ発進しますっ! 第08話 「502、寒中水泳しちゃいます?」

紹介されてないウィッチがしれっと出てきた。


いやー笑った笑った。顔芸のせいか過去1で笑ったかも知れない502編で。
キャラが出揃ってきたから…と言うよりは伯爵がノンブレーキになってきたせいも大きいかな。
ぶっちゃけ加虐しても良いキャラがいると話がスムーズになる気がする。501で言うエーリカやシャーリーポジと言うか。
その分出番やセリフ量にだいぶ偏りがある…んだけど今更っちゃ今更か。なんせ本編より多い気がするしエーリカなんか。
しかし普段から露出が多いせいか水着になってもあまりありがたみが薄いな。しかもマイナス40度の極寒の中ではむしろ視覚的に寒いばかりと言う。
と言うか案外スタイル良いなひかり氏。逆に犯罪臭がするのが管野とロスマン先生。

ログ・ホライズン 円卓崩壊 第08話 「最古の古来種」

ネトゲ黎明期特有のバランス崩壊クソイベ!


何やらぼちぼち終わりが近い…とはとても思えないような平和な内容。
年少組(キャラデザの関係か1期2期より大分大人びて見えるけど)が順調にレベル上げしたり交友関係広げているのが微笑ましいせいだろうか。
昔はレベル10とか20とかそれくらいだったはずなのにいつの間にやら60台。まぁそれでもトップ層には全然なんだろうけど。
実際今回拾ってきたペッ…狼娘2匹の方がまだレベル高いくらいだし。黎明期に実装されたNPCですらこの実力か。
しかし班長すら若干塩対応だった辺り本当にクソイベNPCだったんだろうなぁ。話聞くだけでウンザリしたけど。
アニメじゃ触れなかったけど後日バランス緩和されて先行組がますますキレたと言うんだからネトゲあるあるすぎる。


次回も何か平和っぽいし襲撃やら狙われているやらの話は最終回近くまで持ち越しかな。

今日の独り言

おお、いつぶりだろう化物語載ったの。


FGOとりあえず30連ほどしてみたらオリオン。


中距離までは割とクリアできるようになったけど長距離組はまだやりにくいな…。
どうしても脳死で逃げ・先行に走ってしまうけどぼちぼち追い込みとかも作るべきだろうか。

今日のイラスト

アニメ















アイマス












TYPE-MOON











サイゲ














Yostar

















その他


















オリジナル






休憩はする

やはり風邪をひいたっぽい。最近急に気温変わったからなぁ。
だが休むわけにはいかないのでこのまま進み続ける。止まるんじゃねえぞ…。

ウマ娘 プリティーダービー Season 2 第09話 「ストップウオッチ」

心という器はひとたび、ひとたびひびが入れば二度とは、二度とは。


2度あることは3度ある通り3度目の骨折でいよいよ競技人生…いやウマ生か。
ともあれ走ることを生業にすることは不可能かと思われるようになったトウカイテイオー
最近影が薄いなと思ってたのにいざ出番が来たらまた骨折とか原作題材にしていても出来すぎた話ではある。
と言うか本来活躍したはずのレースがちょいちょいカットされてるから骨折!復帰!また骨折!みたいになってきてるなぁ。
競馬に骨折は付き物とは言え別世界の馬のアクシデントをウマ娘追体験させられるとかやはり呪いでは…。
何が辛いって早くもファンに思い出にされかかってることが1番辛い。まぁウマ娘のみならずスポーツ選手が3度も骨折すればそう思われるのは仕方ないことだけども。
それでも自分だけは信じてリハビリを続けていたのにメジロマックイーンの走りを見てイメージでも追いつけないと完全に心が折れてしまったのがおつらぁい。足も折れるし心も折れる。
当のマックイーンの信頼もただただ痛い。アプリリリースして注目されてるタイミングでこんなクソ鬱シナリオをお出しする精神!
いくら持ち上げるために1度落とさないといけないとは言え少し落としすぎじゃないですかね。
あと3話もあるし次回も丸々落とされることが予想される。手助けになるのはマックイーンかシンボリルドルフかトレーナーか。
全員既にイベ起こしてるからまた別の子かなぁ。ライスじゃないことだけは分かるが。
そもそもライスはもうレースない気がする!


となるとデュエルターボちゃんかな。

裏世界ピクニック 第09話 「サンヌキさんとカラテカさん」

スパイラル懐かしすぎる…。
コミカライズがスパイラルの作画担当だからだっけ。


相変わらず怖いのか怖くないのか良く分からないこのアニメ。
一応分類としてはホラーなはずなんだけど絵面がシュールすぎるのか話がぶっ飛んでいるのか…。
前から言ってることだけど背筋の凍る恐ろしさや思わず後ろを確認したくなるようなおぞましさではなく何か変な化け物がいますよってだけなのがなぁ。
コレに比べたら鬼太郎だってもう少しおどろおどろしい話だったと思う。ババアにマウント取るカラテカはある意味怖いけどそうではなく。
多分描きたいのはホラーではなく百合なんだろうな…百合と言うより若干ねちっこいレズと言ったほうが良い気がするが。
それはそれで良いんだけど会話の間と言うかやりとりがちょっと間延びしすぎなんでもう少しテンポ良くしてください。ホラーは諦めるので。


ところで米軍さんはもうダメなのだろうか。

アズールレーン びそくぜんしんっ! 第08話 「みんなでワイワイお祭り!」

アズレンの誇るセックスシンボル。


基本女とマスコットしかいないこの世界で超ミニスカやバニーを着て何のアピールになるんだろう。
完全に異性が指揮官以外いない空間だからこそ際どい衣装も可愛いとか着てみたいと気軽に着てしまうものなのか…。
あるいは単にユニオンが性の遊園地なのか。ロイヤルとユニオンと言う2大風俗陣営。びそくぜんしんだと鉄血や重桜はおとなしめだなぁ。
相変わらず画面の乳占用率が高すぎて話が頭に入ってこないのだがまぁ今回はただ祭りをぶらぶら楽しんでるだけだし内容そのものがないようなものなので特に問題はないか。


エンドカードの朝凪先生は完全にボーダー超えてる感。エロ同人作家ばかり意図的に集めてっ!

今日の独り言

エバーの公開が近い。